日本一周に適したバイクとは

いよいよ日本一周を始める私ですが

今回は日本一周に適したバイクとは、どんなバイクなのかを考えてい見たいと思います。

 

 

まず排気量です。

 

50cc

 

やはり50ccの原付では日本一周は厳しい、というのが現実です。

 

決して小排気量をバカにする気はさらさらありませんが

50ccでは何よりも

30キロ規制二段階右折、という強烈な制約が有る為に

原付での日本一周は不可能では無いものの、最もハードルが高いと言えます。

 

 

次に125ccではどうでしょうか

 

私もKSR110北海道一周しましたが

その経験から言うとやはり

長距離はキツイ ‶というのが本音です。

 

具体的にはホイールベースが短い為に、直進安定性が低く

60キロを超える速度では神経を使います。

 

また小径ホイールなので、路面のギャップに対して反動が強く、ハンドルが暴れやすいです。

 

また幹線道路では常に高回転で走るので、振動がキツイです。

 

ただ125ccでの日本一周は不可能で無く、燃料代やフェリーでの輸送費など格安に抑えられるという、メリットがあります。

 

また悪路でも車体が軽く、取り回しの不安が無いので

何処にでも停められるというのも強みです。

 

 

次に250ccです。

 

やはり日本一周ではこの位の排気量車格が有ると安心です。

 

またいざという時に高速道路を利用できるという、切り札が有るのも心強いです。

 

ただ幹線道路などではどうしても、エンジン回転数を上まで回さなくてはならないので、長距離では疲れる面もあります。

 

そして日本一周では、どうしてもキャンプ場や林道等の悪路で、バイクを駐車しなくてはならないので

そんな時は250ccクラスだと、そこまで車重が重くは無いので対応しやすいです。

 

ハッキリ言って日本一周では

250ccクラスが一番適していると思います。

 

 

400cc以上

 

やはり1日300キロ近くを毎日走る事を考えると

大きなエンジンでゆったりと走るのが一番楽です。

 

そういう意味では日本一周では

400cc以上のバイクが一番適していると言えますが

ただこのクラスのバイクでは、唯一気を付けなくてはならないのが、取り回しです。

 

フル積載状態だと重量が増すだけでなく

重心が高くなり、リヤヘビー(後輪に重量が掛かっている状態)になるので、普段の状態と取り回しの感覚が変わってきます。

 

その為、低速でのふら付きが発生しやすくなります。

 

また日本一周では、どうしても無料キャンプ場や

観光地等、悪路を走ったり駐車したりする必要が有るので

立ちゴケリスクが付きまといます。

また立ちゴケリスクは重量級で有る程、リスクが高くなります。

 

125ccクラスではバイクが転倒しても、重症になる事は少ないですが

400cc以上だと、簡単に

シフトペダルクラッチレバーが破損します。

 

当然最悪は自走不能になり、レッカーのお世話になる事も珍しくありません。

 

そういったリスクを考慮すると、400cc以上のバイクは

疑問符が付きます。

 

ベテランライダーの場合は文句無しに、400cc以上のバイクが日本一周には、ベストチョイスで有ると言えます。

 

 

さて、それでは早速、日本一周の適したバイクの

最有力候補を考えたいと思います。

 

 

第3位

スーパーカブ110

やはり日本一周と言えば、カブと考える人も多いと思います。

 

スーパーカブは何と言っても、高い積載性

車体の軽さから来る、乗りやすさ最大の強みです。

 

また車重が軽いので、悪路や傾斜地でも不安無く何処にでも停められるという、安心感が有ります。

 

ただどうしても、非力なので長距離では疲れます

 

比較的大学生等の若い方が選択する事が多いです。

 

 

第2位

 

Vストローム250

何と言ってもオフロード走破性の高さにに加えて

フルパニアのアクセサリー設定が有るのが嬉しい装備です。

 

軽量、積載性、程よいパワー

どれをとっても日本一周に適したバイクだと思います。

 

ただ唯一難点なのがシート高です。

 

シート高800mmを超えるので

 

小柄な人ではつま先がツンツン状態になり、フル積載では車体がふら付くと制御不能となるので

身長が170センチ程度有れば問題ありません。

 

 

第1位

エストレヤ

やはり日本一周では1カ月以上もの間、バイクに乗り続けなくてはならないので、パワーだけでは無く

■ 積載性

■ 車体の軽さ

■ 低回転域のトルク

これらが重要になってきます。

 

またそれ以外にもエストレヤは特筆して乗りやすいという

カタログスペックには現れない特徴があります。

 

それはシート高735mmという、誰にでも扱える

シート高に加えて、

車体重量160キロという、比較的軽量な車体

そして絶対的スペックは低い物の、単気筒ロングストロークエンジンの特徴でもある

低回転域からフラットに発生するトルクが、とても扱い易いです。

 

フル積載状態でもアイドリング付近から、メリハリの有るトルクがクラッチミートし易く、アクセルを開ければ元気よく加速してくれます。

 

また空冷単気筒エンジンという、シンプル設計もトラブルが少なくタフなバイクです。

 

それら総合的に考えると、エストレヤ日本一周に最も適したバイクであると考えます。

 

しかし、エストレヤは現在は廃盤になっているので

新車では在庫のみになっております。

 

そこで新車で手に入って最新設計の日本一周に適したバイクと

考えると……

 

 

レブル250 です。

 

パワー、積載性、取り回し、シート高

全ての面で日本一周に申し分無い性能を持っています。

 

唯一難点なのは、レブル250のエンジンは

ショートストロークの高回転型エンジンなので、フル積載状態や悪路では扱いづらい面もあります。

 

そう言った面ではエストレヤの様な、ロングストロークの低回転型のエンジンの方が有利ではありますが

それでも現行車という部分で、レブル250は新車で購入できるバイクという面では選択しやすいバイクです。

 

 

最後に

この3車種は、あくまで個人的意見なのであしからず。

 

また大柄な人ならCRF1100アフリカツイン

 

ツーリングファミリーも選択肢に入ってきます。

ただいかんせん重量級車は、乗り手を選ぶ部分が有ります。

 

またCB400SF

ニンジャ等のレプリカは

高回転型エンジンに加えて、悪路ではセパハンはコントロールしずらく

様々な道路状況に直面する日本一周では、最適とは言えない面が有ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)