手軽にチェーン清掃! イージーリフトアップスタンド

バイクに乗っていると殆どの車種で必要なのが

チェーンメンテナンスです。

自分でやる場合は中々後輪を浮かすのが大変です。

 

本格的にチェーンドライブのメンテナンスするなら

メンテナンススタンド等を使用します。

しかしメンテナンススタンドは置き場が必要になります。

 

 

簡易的にチェーンメンテナンスするなら

ローラースタンドも有ります。

 

ローラー式スタンドメンテナンススタンドに比べると

大分コンパクトです。

 

 

そして今回は最もコンパクト手軽に使える

イージーリフトアップスタンドを紹介します。

▼ Yahoo ショッピング商品リンク

イージーリフトアップスタンド

 

これはスタンドの反対側のスイングアームの下に掛けて

スタンドを支点に利用して、後輪を浮かす工具です。

 

イージーリフトアップスタンドを使用するには

フロントブレーキを掛けた状態に保つ為に

フロントブレーキロック‶を併用します。

 

それでは実際に使用してみます。

 

 

まずは

ハンドルを左にきってハンドルロックを掛けます。

 

そして

ブレーキロッカーを使用して前輪をロックします。

写真は右ですが、ハンドルは左にきって下さい。

 

 

次に

③ リアホイールにイージーリフトアップスタンドを掛けます。

 

ステーの高い方がホイール側です。

 

手で固くなるまで回してジャッキアップします。

 

固くなったらイージーリフトアップスタンド真ん中に有る穴に、ドライバー等を入れて回すのですが

手でも上がります。

 

 

実際にリフトアップした状態はこんな感じです。

あっけない位簡単にリフトアップします。

 

 

後はホイールを回しながら、チェーンルブを吹き付ければ

効率的にチェーン全体にグリースを塗布する事が出来ます。

そしてウエスで余分なチェーンルブを拭き取れば完了です。

 

 

使ってみた感想としては、非常に便利です。

 

これ作った人は非常に賢いと思います。

 

そして何よりもこのリフター場所を取らないのが、最大の利点だと思います。

 

これなら日本一周にも持って行く事も出来ます。

 

 

最後に、このイージーリフトアップスタンドを使う際は

以下の点を留意して使用してください。

 

① 絶対にフロントブレーキロッカーを使用する

 

② 地面はコンクリート、又はアスファルト等の平らな整形地で使用する

 

 

このイージーリフトアップスタンドは、とても便利でコンパクトな工具ですが

 

メンテナンススタンド、ローラースタンド、と比べても

1番事故のリスクが高い工具です。

 

特に400cc以上の重量車は、細心の注意を払って慎重に作業する必要が有ります。

 

私は1度、車の整備をしている時に、地面が柔らかい土の上で四輪車のフロント側を、パンタグラフ式のジャッキで、ジャッキアップしていた時に

ジャッキが地面にめり込んで倒れてしまい、前輪のドラムブレーキのケースが地面に設置してしまった事が有ります。

 

地面が柔らかい為に、ドラムケースは無傷でしたが。

 

 

つまり、この手の作業は甘く見ると、車両の破損や、自身の怪我に繋がるので

絶対に作業手順を省略せず、実施しましょう。

 

 

▼ 関連記事はこちら

レビュー

 

メンテナンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)