日本一周 57 鳥取県 名探偵コナンの町 大栄町 編

現在は島根県

十神山なぎさ公園キャンプ場に来ています。

 

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 56 島根県 3度目の職質 編

 

ここのキャンプ場は海を目の前がテントサイトになっているので

とても開放的です。

 

ただここは駐車場テントサイト共に小さいので

数グループの先客が居たら、もう利用は厳しいので

家族と週末キャンプなんて事は難しいでしょう。

 

 

そろそろ出発です。

今日は鳥取県鳥取砂丘へ行きます。

 

100キロです。

 

2時間ちょっと走って到着しました。

 

鳥取県

道の駅 大栄

 

 

コナン銅像がありました。

 

地図にもコナンのイラストが描かれています。

 

コナン通り、という名称が付けられています。

そして由良駅は(コナン駅)と通称が付けられていました。

 

この町は全面的にコナン推ししています。

 

なるほど、作者の方がこのあたりの出身だったという事です。

 

ちなみに青山剛昌ふるさと館は、ここ道の駅 大栄から

近いので歩いて行ってきます。

来ました青山剛昌ふるさと館

 

これはフォルクスワーゲンです。

 

なんと中にはあがさ博士が乗っていました。

 

という訳でせっかくなので中に入ってみます。

 

 

 

うん ?

残念ながら中国地方在住の方しか入れませんでした。

 

まあ正直私はどちらかというと、コナンより

金田一少年の事件簿の方が好きでしたけど。

 

 

せっかくなのでコナンの家 米花商店街

へ行ってみる事にしました。

 

途中通り沿いの畑の散水機が、故障したのか

歩道にすごい勢いで水を飛ばしていて、私もシャワーを浴びてしまいました。

ちなみに私の後のカップルもシャワーを食らっていました。

 

 

歩いていると、歩道にもコナンのイラストで道案内版があります。

 

こちらはコミックスのイラストでしょうか。

 

バス停の待合所のような場所に、サラリーマンが

うなだれている像がありました。

 

毛利小五郎でした。

そして後ろに来ると

 

なるほど、これはコナンの謎解きシーンの

場面を再現していました。

 

 

そしてマンホールにまでコナンが描かれていました。

ここはコナン推し全開です。

 

やってきました。

コナンの家 米花商店街。

 

ここは複合施設で喫茶店、キャラクターショップ等が在ります。

 

コナン好きな人が来たら

テンション上がる事間違いなしでしょう。

 

ここはファストフード店コナンキッチン

 

ここは喫茶店のポアロ

 

ポアロは原作でも出てくるお店です。

 

コナンの家です。

 

ここはインターホンを押すと、お馴染みのキャラクターの声を聴く事が出来ます。

今はコロナの影響で、中止されています。

 

 

近くの公衆トイレに寄ってみます。

 

男子トイレのマークが工藤新一になっています。

 

女子トイレは毛利蘭です。

 

ここまで細かいところまでコナンテイストを盛り込むなんて

間違いなく設計担当者はコナンファンでしょう。

 

 

さてそろそろお昼を食べに道の駅まで戻ります。

 

道中、掲示板コナン駅の表示がなんとも良いです。

 

 

道の駅まで戻りました。

道の駅 大栄に隣接している

レストランだいば

 

唐揚げ、とろろ定食

 

ボリュームたっぷりの唐揚げに、大栄町名産の

とろろが非常に美味しいです。

 

これは大当たりのレストランでした。

 

レストラン内にもコナンのイラストが展示されてます。

 

コナンの町、大栄町を散策した所で

鳥取の本丸である鳥取砂丘へ行きます。

 

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 58 鳥取県 鳥取砂丘 編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)