バイク リヤサスペンション プリロード調整 解説

さてバイクもいよいよオフシーズンとなりましたが
積極的に乗っていきたいと思っています。

今日はリアサスペンション効き始めの調整をしたいと思います。

バルカンSのリアサスペンションは

オフセットレイダウンリヤサスペンション“です。

ニンジャ等にも採用されている最近の川崎の流れで

従来の後輪の左右に1つずつサスペンションを配置するのと違い

大型のサスペンション1つでリンクを介して段差を吸収する仕組みです。

 

一般的には”リンク式モノサス“と言われています。

 

リンク式モノサスの場合は、スイングアームとフレームの中心部分リンクを介してサスペンションをレイダウン(傾斜)させて取り付けて

後輪のショックを吸収します。

 

従来のツインショックとの違いは▼

詳しくはこちら→リヤサスペンションについて考察する

 

さて、最近のバイクのリヤサスペンションは

プリロード(初期荷重)調整が可能になってきています。

 

バルカンSのリヤサスペンションもプリロード調整可能です。

 

プリロードとは初期荷重の意味で

要は"サスペンションが効き始める初めの領域"

を設定します。

 

ライダーの体重が軽い場合は

サスペンションのスプリングを緩めて、サスペンションの効き始めを柔らかくします。

これによって軽いライダーが乗っても、サスペンションがしっかり動き始めます。

 

反対にタンデム時等の荷重が高い時は

サスペンションのスプリングを縮めて、サスペンションの効き始めを固くします。

そうする事によって、サスペンションの無駄なストロークが生まれずに、バタつきを抑えます。

 

 

つまりライダーの体重や二人乗りや重量物の積載等で

使用環境に合わせてプリロードセッティングします。

 

バルカンSの場合は7段階の設定幅があり

初期荷重の設定は(2)になっています。

 

私の体重だと初期設定では少し固いので
スプリングを最も伸ばした状態である(1)に設定します。

 

まず車載工具にプリロード調整の工具が有るかを見てみます。

 

その為にリヤフェンダーの六角ボルトを外します。

ちなみにバルカンSに付属している六角レンチは
余り長くないので、市販の長い六角レンチを使った方がやりやすいです。

結構なトルクで締まってました。

 

それでは次にシートを外します。

車載工具が有りました。

 

それではフックレンチが有るか見てみます。
(頼む有ってくれ……)

それでは車載工具の中を見てみます。

…………。

 

 

フックレンチが入ってました~!
(≧▽≦)

川崎さんありがとう!

これがプリロード調整用フックレンチです。

それでは早速調整します。

写真でご覧の通り、非常に分かりやすい構造です。

 

フックレンチで回していけばサスペンションのバネが
縮んだり伸びたりする訳です。

 

 

という訳で、今回は柔らかくします。

テンションが最も掛かってない状態になりました。

早速乗ってみると、実に良い感じです。

 

これまで左折時は動かなかったサスも
若干ながら動くようになりました。

 

また乗車時2、3ミリ車高も下がりました。

 

 

ちなみにクルーザーは乗車位置を前方にしてしまうと

リヤサスがうまく動かず固い乗り味になります。

 

私もバルカンSに乗っていて、このバイクはクルーザーなのに

何でこんなにリヤサスが固いのだろうと思っていて

乗車位置を後ろにずらしたら、リヤサスが嘘みたいに柔らかくなりました。

 

という訳で

自分の体重や用途に合わせて、リヤサスペンションのプリロード調整をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)