バイク キャンプツーリングの必要品

今回はキャンプツーリングの必要品を解説します。

 

 

 

● ケース、ツーリングバッグ

 

ちなみにバイクキャンプツーリングをするには

ケースツーリングバッグが必要になります。

 

 

基本的にはリアキャリアを付けて

そのキャリアコンテナボックスを取り付けるのが

1番最良な方法です。

 

 

積載性、剛性、防水性、価格

どれをとっても最強です。

ただ1点だけ問題なのが

見た目が非常に安っぽくなってしまうのが難点です。

 

 

 

ちなみにこういったコンテナボックスはあくまでも

汎用品なので、取り付けには加工が必要になります。

 

 

やり方はコンテナボックスの床をドリルで穴を開けて

適当なステー、ボルト、ナットでキャリアに固定します。

 

ちなみにキャリアを使用しなくても

ツーリングバッグを利用すれば

同じ位の積載量を持たせる事が出来ます。

 

しかしツーリングバッグ固定方法

ベルトでバイクに固定するので

バイクにタンデムグリップグラブバー等が無いと

取り付けが難しいです。

 

またツーリングバッグは長時間走っていると

どうしてもベルトが緩んできたり、ずれてきたりする事が有ります。

 

また防水性に関しても、防水カバーは付いている物の

走行中の急な雨に対しては、1度降りて防水カバーを被せる手間が有ります。

また重い物を長時間バッグの上にのせていると

バッグ自体がたわんできてしまいます。

 

ただツーリングバッグは使わない時は、薄く折りたためるという

メリットもあります。

▼ ツーリングバッグ使用例

 

 

 

そして次にキャンプ用品です。

 

● キャンプ用品

 

キャンプするのに一番重要なのが

● テント

テントが無くてはキャンプは成立しません。

 

 

● マット

 

このマット下に敷いて就寝します。

マットは地面の凹凸や温度を遮断してくれて

快適に寝る事が出来ます。

● 寝袋

 

寝袋キャンプのシーズンに合わせて

春夏用、秋冬用と使い分けた方が良いです。

 

● ランタン

ランタンが無いと、夕方以降テントの中は真っ暗です。

 

また経験上、下に明かりが灯るタイプがお勧めです。

 

 

 

● ペグハンマー

ペグハンマーでテントの角にペグを打ち込みます。

 

 

以上でキャンプツーリングは出来ます。

 

 

 

しかしこの他にも実際にはあった方が良い物が有ります。

 

 

● その他

 

蚊の対策グッズ

 

テント内に蚊が侵入したら、もう寝られません。

 

という事で、キャンプツーリングの道具を揃えたら

1度バイクでキャンプ旅に出かけて

大自然を感じてもらいたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)