バイクのユーザー車検 解説 1

ネットの普及によって情報の共有化が進み、ユーザー車検を利用する人も増えてきました。

 

私も自動車は15年以上も、自分で車検を取っています。

 

 

しかしバイクというと、長らく

という110ccのバイクに乗っていたので

 

車検不要であった為に、これまで二輪車でのユーザー車検の経験は有りませんでした。

 

今回バルカンS新車購入から3年が経過して、初めての車検を取る事になりましたので

そこでバイクユーザー車検を解説したいと思います。

 

 

まず必要書類を揃える必要が有ります。

 

 車検証(これまでの物)

 自賠責保険証(これまでの物)

 自動車税納税証明書(役所で取得)

 定期点検整備記録簿(ダウンロード出来ます)

その他 印鑑

 

 

これだけ用意すれば、残りの

● 検査表

● 申請書

● 自賠責保険証(現地で加入出来ます)

● 重量税(現地で支払いします)

● 印紙(現地で購入します)

これらの物は車検場で取得できます。

 

 

 の点検整備記録簿は原則車検を受ける前に、自分で点検整備した記録を記載するので、車検を受けに行く前に作成しておきましょう。

※ 車検、当日に点検整備して作成しても構いません。

 

 

またユーザー車検は原則、点検者が整備責任を担っているので全く整備知識が無いとユーザー車検を行うべきではありません。

 

仮に車検に通ってしまっても、各部のメンテナンスサイクルや、劣化具合の判断等の知識が無いと

車検が生きている間の2年間で、整備不良によって起こる深刻な事故に遭う事も考えられるので

ユーザー車検を受ける方は、一定の整備知識を勉強してからユーザー車検にチャレンジしましょう。

 

かといってプロレベルの整備知識の必要はありません。

 

ブレーキ系統、冷却水、エンジンオイル、チェーン調整

最低でもこれらの整備知識が有れば、ユーザー車検をトライできるでしょう。

 

 

そうしたら自分の市区町村の管轄の車検場のサイトで、ユーザー車検の予約をします。

 

 

この時に初めての方は

午前中に予約を取っておいた方が良いです。

 

それは検査コースは1日に3回まで、通る事が出来ます。

 

午後の遅い時間に予約してしまうと、検査コースで引っかかった場合に、整備する時間が少なくなり

その日のうちに車検を取得する事が出来ないからです。

 

 

午前中に予約をしておけば、仮に検査で引っかかっても

夕方の5時位までコースに入れるので、ゆっくりと整備する時間が有る訳です。

 

 

という訳で私も午前中に予約をして、車検場に向かいます。

 

やって来ました。

自動車検査登録事務所。

 

 

まず受付をします。

 

受付をすると

● 検査表

● 重量税納付書

● 継続検査申請書

3枚を受け取ります。

 

重量税納付書

 

継続検査申請書

 

検査表

 

 

次に重量税、印紙、検査料、自賠責保険料を支払う為に

別の建物に行きます。

 

検査料 1700円

 

重量税 3800円

 

自賠責保険 11520円

 

合計 17020円

 

基本これだけで車検を取得する事が出来ます。

※ 重量税は初年度登録13年を超えると、料金が上がります。

 

 

という訳で早速検査コースに入って行きます。

 

▼ 続きはこちら

バイクのユーザー車検 解説 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)