レブル1100 クルーザーの新しい形へ

レブル1100の発売が決まって、大型ライダーの高い関心を集めています。

またリッタークルーザーのカテゴリーでは、これまでにない軽い車体にリッターオーバーのパワーを積んだ事で、新しいユーザーを獲得する大きな呼び水となりそうです。

 

これまで、リッタークラスのクルーザーカテゴリーでは

圧倒的な存在感を示すのはハーレーダビッドソンです。

 

やはり唯一無二の迫力と、エンジンの鼓動感圧倒的なトルクはハーレーダビッドソンならではのテイストです。

 

それに比べ、国産勢のクルーザーカテゴリーでは

HONDAゴールドウィングが、ゴージャスでハーレーに対しても全く引けを取らない、存在です。

ゴールドウィング1800cc水平対向6気筒エンジンで、強大なトルクに、バックギアも装備して走行安定性も世界でもトップクラスです。

ただ大きすぎる車体は360キロに達して、燃費もリッター20を切ってしまいます。

価格も300万を超えて、乗用車並みの価格です。

その為どうしても乗り手を選んでしまいます。

 

 

現在ゴールドウィングを除いて、ハーレーダビッドソンに並ぶようなキャラクターのバイクは、国産勢においては見当たりません。

 

やはり国産勢はロードスポーツフルカウルといった

走行性能を前面に出したモデルが高い人気を博しており、メーカーもそのユーザー層に向けてラインナップを充実させています。

2019年度 大型クラス販売台数1位Z900RS(4152台)

 

 

そんなラインナップのエアーポケットに、レブル1100が急遽登場する事になりました。

 

そして今回新たに登場するレブル1100の性能は、これまでのリッターオーバーのクルーザーカテゴリーでは、類を見ない物

具体的にはたったの(223キロ)しかない車体に

87馬力9.9キロもの大トルクを発生させるエンジンを、搭載させることを成し得ました。

しかも9.9キロのトルク4750回転で発生します。

 

これはHONDAがクルーザーというキャラクターを、意識して設計した事が伺えます。

低回転から溢れるトルクで、大きな車体を軽々と前へ押し出すバイクと仕上げました。

 

これまでこのカテゴリーのバイクは

260キロ以上の車体重量に、大きなパワーのエンジンを積んでいました。

ハーレーダビッドソン スポーツスター1200C

60馬力程度

トルク:9.6キロ/3500回転時

重量:268キロ


ボンネビル スピードマスター

1200cc

77馬力

トルク:10.8キロ/4000回転時

重量:約282キロ


これらのバイクが同カテゴリーでは似たキャラクターになります。

 

 

そしてレブル1100です。 

1100cc

87馬力

トルク:9.9キロ/4750回転

重量:223キロ


 

スペックで見ても、レブル1100が軽量さで圧倒している事が分かります。

 

また馬力でも最高値です。

 

こうしてみると、つくづくHONDAのユニカム式エンジンの優位性が、改めて高い事が分かります。

▼ ユニカム式エンジンの詳しい記事はこちら

最強のオフロードバイク CRF1100アフリカツイン

 

 

またレブル1100はスペック以外でも、驚く程の低価格EU北米市場で発表されました。

 

(9299ドル)

日本円で約97万円(MTモデル)

 

高い性能信頼性、扱いやすい車体、安い価格、これらの要素を持つ

レブル1100の登場でリッタークルーザーの敷居が下がり、幅広いユーザーの参加を可能にしてくれると思います。

既存のカテゴリーレンジを広げる

パイオニアシンボルとして世界中から評価される予感がします。

 

 

▼ 関連記事はこちら

 

レブル1100 発売へ!

 

レブル1100 詳細を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)