バイク専用 高性能 MotoDXプラグ ラインナップ拡大!

2019年4月に発売されたNGKから発売された

バイク専用の高性能MotoDXプラグ

D-SHAPE外側電極と、中心電極にはルテニウムを配合して

イリジウムプラグを超える燃焼性能が有るという事です。

 

 

燃費性能も向上しました。

 

MotoDXプラグの最大の進化

なんと従来のイリジウムプラグの2倍の耐久性能を実現した事です。

 

ちょっとした革命ともいえる程の、性能を持ったプラグです。

 

 

しかし発売当初から設定対応車種が少なく、せっかくの高性能プラグの恩恵を受けられるのは、一握りのバイクだけでした。

 

 

それが今年に入ってから、対応車種が急拡大して

殆どのバイクに使用できるようになりました。

 

 

我がバルカンS、KSR110も対応しています。

▼ バルカンS用 MotoDXプラグ

▼ KSR110用 MotoDXプラグ


このMotoDXプラグの恩恵を最も受けるのは4気筒車です。

 

4気筒車はプラグの使用本数が多く、交換サイクルが半分になるという事は、メンテナンスコストを大幅に削減する事が出来ます。

 

また特に小排気量4気筒車は、高回転域を多用する事が多いのでプラグ寿命が短いです。

 

 

最新設計MotoDXプラグは、従来のイリジウムプラグよりは高価ですが、2倍の耐久性を考えると、メンテナンスコストは格段に安くなります。

 

 

実際の価格は

イリジウムプラグ900円程度

MotoDXプラグ1200円程度

 

とその差は約4割程度です。

 

しかし耐久性が2倍ですから、利用価値は大きいです。

 

 

しかも車種によってはプラグ交換の際に、タンクを外さないと交換できない設定のバイクは、工賃もその分高くなるので

交換サイクルが伸びる事で、全体的にメンテンナンスコストを下げる事が出来ます。

 

 

ちなみに最も売れ線のニンジャ250レブル250に対応したMotoDXプラグの設定は、まだありませんでした。

 

 

ただNGKも今後ラインナップをさらに拡充するものと思われます。

 

 

 

▼ 関連記事はこちら

スパークプラグの寿命とは

 

スパークプラグの経済寿命

 

▼ CB400SF用 MotoDXプラグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)