フロントフォーク オイル交換 1 取り外し編

バイクのフロントサスペンションは、フロントフォークという名称です。

フロントフォークの中にはスプリングオイルが封入されていて、路面の衝撃を吸収して走行安定性を保っています。

 

フロントフォークの詳しい構造はこちら

→ 正立フォークと倒立フォークの違い

 

フロントフォークは走行と共に性能が下がっていきます。

 

フォークオイルの交換頻度は、走行状況や車種によっても変わってきます。

一般的には1万5千キロ前後で交換するのが賢明です。

 

凸凹道等の悪路を走る事が多いと、1万キロでもへたってきます。

 

フロントフォークのオイル交換をするには、バイクの車体フロントを持ち上げなくてはならないので、ジャッキなどが必要になります。

 

なるべくなら、バイク専用のジャッキを使用をお勧めします。


それでは早速、フロントフォークのオイル交換のやり方を解説します。

 

まずはバイク車体から、フロントフォークを取り外します。

 

 

初めにアクスルシャフトを緩めます。

この段階ではあくまでも緩めるだけです。

 

アクスルシャフトを緩めるには、最初にフォークの固定ナットを緩めます。

フォークの固定ボルトを緩めたら、いよいよアクスルシャフトを緩めます。

 

バルカンSフロントアクスルシャフトは、14ミリの六角レンチを使用するので、ヘキサゴンレンチや六角レンチを使用します。

このレンチは他に使用用途が無いので、この作業の為だけに購入する必要が有ります。


中型バイク以上のアクスルシャフトは、経験上非常に大きなトルクで締まっている事が多いです。

 

ビクともしません……。

 

これは想定済みです。

こんな時はショックハンマーを使えば8割がた緩みます。

ショックハンマーで叩く場所は軍手でカバーします。

 

10回ほど叩いたところ、ビクともしませんでした。

 

……手強い……。

 

仕方ないインパクトレンチを購入するか……

 

となるところですが、いえいえ、まだ最後の手段が残っています。

鉄パイプ(正確にはステンレスパイプ)

 

パイプをレンチに連結する事で、テコの原理を使って

(支点から力点が遠くなるほど、大きな荷重が生まれます)

これで六角レンチ5倍の力で緩める事が出来ます。

(※ パイプはアルミ製は避けた方がいいです、強度が低いので曲がってしまいます)

 

早速トライしてみます。

レンチに連結してゆっくりと回します。

 

この時は慎重にレンチを回す必要が有ります。

 

バイクに大きな力を掛けるので、一気に力を掛けるとバイクが自分の方に倒れてきます。

 

なので、ゆっくりと小刻みに体重をかけて力を入れます。

 

 

緩みました。

ちなみにアクスルシャフトを緩めるには、インパクトレンチが便利です。

 

しかしインパクトレンチは安価なものでは、四輪車のホイールナット程度は緩めますが(120Nm程度)

大型バイクのアクスルシャフトを緩めるには

300Nm以上のパワーが無いと、まず無理です。

 

そうなるとミドルクラス以上の、インパクトレンチを購入しないといけないので、2、3万円程度は必要になってきます。

また安価なインパクトレンチは、仕様には400Nmと記載されていても、ほとんどの場合、実力は半分程度の事が多いので、注意が必要です。


マキタ製400Nm以上のインパクトレンチなら、緩める事が出来ます。

 

 

次にフォークのトップキャップを緩めます。

 

この時に必ずフォークの突き出し量を、測定して記録します。

フォークの先端がフォークブリッジから何ミリ出ているかを、測定します。

これを記録しておかないと、組む時に何処の位置で固定するのか、わからなくなるからです。

 

それではトップキャップを緩めます。

ここでは緩めるだけです。

 

このトップキャップを緩めておかないと、フォークを外してからでは、フォークを固定するのが難しくなります。

 

トップキャップを緩める前に、フォークを固定している六角ボルトを緩めておきます。

 

 

バルカンSのフロントフォークのトップキャップは、22ミリです。


ここは極力ボックスレンチを使用して、決して斜めに噛まないようにして、慎重に力をかけてください。


少しでも斜めに掛けると、キャップの頭を削ってしまい、最悪はレンチが噛まなくなる事もあります。

またトップキャップはアクスルシャフト同様に、大きなトルクで締められているので、一気に力を入れるとバイクが転倒する可能性があります。

 

なので小刻みに力を入れて、ゆっくりとレンチを回します。

 

このトップキャップは、アクスルシャフト同様に固いので、どうしても回らないときはハンマーでレンチを叩いて緩めます。

 

バルカンSの場合はトップキャップの上に、ハンドルが干渉してしまいメガネレンチで慎重に緩めます。

 

次にキャリパーの固定ボルト2本、ABSの計測装置を外します。

 

 

さて、いよいよ車体をジャッキアップして、フロントホイールを持ち上げます。

ジャッキを掛ける場所は、車種によって違いますがポイントは、必ず強度の有る材質にかける事です。

絶対に樹脂パーツや、強度の低い部品にジャッキをかけてはいけません。

 

今回は一番強度の高そうな、エンジンブロックにかけます。

ジャッキを掛けるときは、ゴム製などの物で傷防止をします。

 

また今回の様に、パンタグラフジャッキを使用して、バイクをジャッキアップする場合は、安全を考慮して馬をかけて万が一ジャッキが倒れても、バイクが落下しないようにしましょう。

これをしないと、バイクが自分に落ちてきたら大怪我するだけでなく、バイクも損傷してしまうからです。

 

 

バイクリフトがあれば安心して作業ができます。


フロント側がジャッキアップしたら、あとはフロントホイールを外します。

先ほど緩めてあったアクスルシャフトを引き抜きます

 

 

フロントホイールが外れました。

 

次にフロントフェンダーを外します。

 

子の六角ボルトを外します。

 

 

 

 

この2か所のボルトを両側外します。

 

裏からレンチで外します。

 

フェンダーが外れました。

 

 

ウィンカーとフォークを固定しているボルトを外します。

 

フォークを固定しているステーの六角ボルトを外します。

 

緩めてある、トップのフォーク固定ボルトを外します。

 

これでフロントフォークがフリーになりました。

下から引き抜きます。

 

抜けました。

 

もう一本抜きます。

 

 

これでフロントフォークの取り外しが完了しました。

 

次はフロントフォークオイル交換に入ります。

 

 

▼ 次の記事はこちら

フロントフォーク オイル交換編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)