レッドウィング エンジニア レビュー

レッドウィング製のラインナップの中でも

バイク用途で代表的なモデルが

 

"エンジニアブーツ"です。

エンジニアの歴史は古く80年以上も前の

1936年に登場して以来

レイルロードエンジニア(鉄道機関士)が愛用していました。

当時は鉄道のパワーソースにはボイラーシステム(蒸気機関)

を使っていたので、炉内に石炭をくべる作業が有りました。

 

その為足元に石炭が落ちる事が有り、つま先に鉄板が入った

堅強な靴が求められていました。

 

エンジニアが登場したバックボーンには、そういったエンジニアたちの切実な要望と歴史の存在が

現在のエンジニアブーツの品質を物語っていると言えます。

 

なのでエンジニアアドバンテージは何と言っても

その"堅強性"です。

 

数あるレッドウィングの中でも

ミッドソールアウトソール等の

全てのパーツに厚みが有ります。

特にアウトソールは重厚な作りで

かかと部分ダブルソールとなっており

接着では無く、釘で打ち付けられています。

エンジニアブーツグッドイヤーウェルテッド製法で作られています。

(甲革と中底を縫い付け、中底とアウトソールを縫い付ける)

しかしグッドイヤーウェルテッド製法でも、

オックスフォードの様に、ウェルトとミッドソールのみを縫合して

アウトソールは接着しているブーツも有ります。

甲革とウェルト、ミッドソールが縫い込まれています。

しかしアウトソールは縫合されておらず

接着剤で取り付けてあります。

エンジニアブーツはウェルト、ミッドソール、アウトソールを

全て縫合してあるので剥がれてくる心配もありません。

 

これだけ強度にウェイトを置いたブーツ

中々無いでしょう。

エンジニアブーツは、履きやすさや歩きやすさ等の

快適性を度外視"した、極めてストイックなブーツです。

 

なので正直言って履き手を選んでしまい、一般のユーザーが求める

快適性の対極に在るブーツなので

ユーザーは限られてしまいます。

 

 

そんなエンジニアブーツを私が実際に、普段用とやツーリング等で使用してきた感想を、述べたいと思います。

まず歩行性能ですが、はっきり言って

全然だめです。

 

重くて、固いエンジニアは遠歩きには向かず

紐等での甲の部分の固定機能が無い為に、元々ブーツと足のクリアランスが大きいので

本当に長靴で歩いているのと同じで、歩行は出来ますが

とても疲れます。

 

 

次に防水性能です。

 

全体を1枚革で覆っているので、防水性は群を抜いて高いです。

また11インチ丈も有るので、水溜まりに入っても履き口から水が浸入する事は無いでしょう。

 

防水性は長靴と同様に最強です。

 

 

次にバイク用途です。

 

エンジニアブーツは靴自体の作りが大きいので

シフトペダルブレーキペダルを、調整する必要が出てくる事が有ります。

私も普段履いているレッドウィングのオックスフォードでは

標準のペダル位置で履いていましたが

エンジニアでは操作しづらくなり

シフトペダルと、ブレーキペダルを両方共調整しました。

 

具体的に言うと、エンジニアはつま先部分が高いので

シフトアップしようとして、つま先をシフトペダルの下に入れようとする時に、つま先が引っかかってしまい

足を相当意識して曲げないと、入って行きませんでした。

 

 

ブレーキペダル操作の場合は、エンジニアブーツは固いので、足を曲げるのが大変で、ブレーキペダルの位置を上げて

小さな角度でブレーキが踏めるように調整しました。

 

 

この様にエンジニアブーツは非常にクセの有るブーツです。

 

ただ一度調整すれば、後は難なく操作できるので問題ありません。

 

またエンジニアブーツは普通の靴に比べて

かかとが高いので、バイクの足付きは良くなります。

恐らくは普通の靴に比べて(1~2センチ)は高いと思います。

 

 

足つきが良くなるという意味では、バイク用途には向いています。

 

 

そして肝心な操作性ですが、良くないです。

 

靴が大きいのとその堅強性の為、シフトペダルにつま先が当たっている感覚が弱いので、慣れないとペダルの位置が掴みずらいです。

 

またシフトチェンジ操作では、エンジニアブーツは足を大きく動かさないと、靴が曲がらないので操作効率が悪いです。

 

なので、CBニンジャ等のロードスポーツ車では、クイックな操作を必要とするので向いていません。

 

ロードスポーツ車にはコンパクトで軽く、柔らかいブーツが向いています。

 

ただエンジニアブーツでも慣れれば問題無く操作できます。

 

 

また逆にアメリカン等のシーソーペダルや、DCT車、シフト操作の要らないスクーター等のバイクでは

エンジニアブーツは相性が良いです。

 

 

これまで色々な視点でエンジニアブーツを見てきましたが

実はエンジニアブーツの最大の長所

無骨で重厚なイメージを醸し出してくれる

本物しかない存在感かもしれません。

やっぱりエンジニアブーツ

"ブーツIN"がカッコいいです。

 

最後にエンジニアブーツDワイズ(幅細)なので

足が幅広の人にはどうしても、足の横幅で合わせるので足の前後が余ってしまい、まともに履けません。

 

私はオックスフォードも、エンジニアブーツも

踵の後ろに革を貼って、サイズ調整しています。

 

エンジニアブーツは元々の設計が、足入れを考慮してあり

ルーズに出来ているので、緩い状態で履くと歩いた時に相当ぶかぶかの状態になります。

 

なのでサイズ選びは若干タイトな位が良いです。

 

 

レッドウィングの靴は履いていくうちに、靴が足の形に追随して変形していく有機的な特性が有るので

2,3カ月すると驚く程履き心地の良い靴に変化します。

(履いた状態でキツクて痛いのは小さ過ぎです)

 

まだ本格的なブーツを履いた事が無い人は、選択肢の1つにしてはいかがでしょうか。