バイク購入 中古と新車どちらがお得?

さてバイクを購入する時

中古新車どちらが良いのでしょうか?

 

 

 

様々な意見が有ると思いますが

私の主観だと間違いなく新車で買った方が良いです。

 

 

まずバイクの場合は四輪車と違い、中古でも安く変える事は殆ど無いです。

 

例えば四輪車の場合は

新車200万円の車を8年落ちとかで購入すると

車種や程度にもよりますが、

大体は100万円位以下で買える場合が多いです。

つまりは50%位は安く買う事が出来ます

 

これには四輪車は減価償却を6年でするので、企業等が使用している法人利用の四輪車の買い替えの為に売却されるので

市場に6年落ちの車が供給される為に、6年落ちの以降の四輪車は値下がりが大きいです。

 

その為フィットやヴィッツ等の法人利用に向いている、コンパクトカーの値下がりが特に大きい傾向が有ります。

 

反対にスポーツカーや高級ワンボックス等、法人利用されにくい車種や人気車等は、値下がりしにくい特徴が有ります。

 

 

これがバイクの場合はどうでしょうか?

 

例えば新車60万円のバイクを、8年落ちで購入する場合

購入金額は大体45~50万円位です。

 

つまり20%程度しか安く購入できません。

 

 

四輪車と比べてバイクの中古車市場が割高な要因は

バイクは四輪車と比べると生産数がケタ違いに少ないからです。

 

日本は世界第3位自動車製造大国なので、国内には沢山の四輪車が余っています

(四輪車約832万台、バイク56万台【国内製造台数 2019年時点】)

価格は需給関係で決まるので、需要に比べて数が少ないバイクはどうしても割高となります。

 

 

また中古2割も安いからお得と考える人が居ますが

実際は全くお得ではありません。

 

ではそのお得では無い理由を具体的に解説します。

大きく分けて以下の5点です。

 

● 新車保証が付かない

● 初回車検が3年から2年になる(※400cc以上)

● 消耗部品の劣化が進んでいる

● 見えない部分の劣化が潜んでいる可能性がある

● メーターが戻されている可能性

 

これらの要素20%程度の安さでは、とても吸収しきれない問題の方が遥かに多いです。

 

これが四輪車のように半額程度で購入出来れば、割り切ってリスクをとって購入しても良いでしょう。

 

しかしバイクの場合は、まず中古で購入するメリットが見出せません。

 

私はバイクの整備を自分でやりますので、各部がどれくらいで劣化するのか大体わかります。

その観点から言っても、中古バイクは既に年数を経過しているので

タイヤ

ブレーキホース

マスターシリンダーブーツ、ピストンカップ

キャリパーピストンリング

フォークオイルシール、フォークダストシール

これらの部品は走行距離に関わらず経年劣化する部品です。

 

つまりは8年落ちのバイクは、購入時点で既に各部品の劣化が進んでいる訳です。

 

もちろんタイヤ、マスターシリンダーは既に交換している可能性も有ります。

しかしブレーキホースフォークのオイルシール等は、まず替えません。

何故ならこれらの部品は、寿命が長く

10年~15年は持つからです。

 

つまりは8年落ちのバイクは、これらの構成部品の寿命が

既に半分以上経過しているのです。

 

これが意味するのは、購入後数年で

フォークのオーバーホール

前後ブレーキホース交換

マスターシリンダーオーバーホール

キャリパーオーバーホール

 

これらの整備が必要になってきます。

 

これらをショップで依頼すると、車種にもよりますが

軽く5万円~8万円はかかります。

 

タイヤだけでも中型バイクなら5万円~7万円位かかります。

 

つまりそれだけの整備が短いスパンでやって来るのです。

 

 

また中古車は

トランスミッションの消耗

クラッチの滑り

エンジン異音

フレームの歪み

これらは見ただけでは状態の良しあしは分かりません。

 

 

そしてそれらの問題よりも1番深刻なのが

【メーター戻し】です。

 

実を言うと私も初めて購入した四輪車は、メーターが戻してありました。

 

その経験上言えるのは、昔よりもかなり減りましたがメーター改ざん車は存在し、素人にはメーター戻しに気付くのはほぼ不可能です。

 

またバイクはその特性上、簡単にメーターを交換できるのでメーターの距離が実走行であると確認するのは、非常に難しいです。

 

また250cc以下のバイクは車検が無いので、過去の走行距離を証明する公的記録が無いので、メーターを交換してしまえば

誰にも分かりません。

 

また現在のバイクのエンジンは非常に丈夫で壊れないので、メーターを5万キロ位戻しても

そのまま10万キロ位平気で走ってしまいます。

 

なので中古バイクを購入する場合は、メーター距離実走行かどうかが非常に疑わしくリスクが大きいです。

 

またこれまで中古車業界の常套手段だったのが

2重車検を受けて過去の走行距離を書き換える手口です。

 

これは2017年以前車検証過去に2回分しか、走行距離を記載しないというルールを悪用したものです。

 

実際このメーター戻しの手口は、中古車業界に非常に蔓延していました。

 

それが2017年にメーター改ざんを防ぐ為に

車検証に最大距離を記載するように制度変更されました。

 

現在は2重車検を受けて走行距離を書き換える手口は、出来なくなりました。

 

なので400cc以上2017年以降のバイクであれば、ほとんどの場合は実走行距離で有ると言えます。

 

しかし、それでも抜け穴が有ります。

 

それは初回車検前にメーターを交換してしまえば

3万キロ走っても0キロに戻して初回車検を受ければ

 

あら不思議、3万キロ走行車が、未走行車の0キロになる訳です。

 

もちろん車検証にはそのように記載されて、公式距離となります。

 

 

つまりは中古車両である以上は、実走行で有るという証明は無いのです。

 

 

また年式の古いバイクは、メーカーが補修部品の生産を終えているので、在庫が無い場合は中古で部品を探さなくてはならず

(※メーカーは生産終了から7年間は補修部品を生産します)

状態の良いものを見つけるのは大変です。

 

また20年を超えたバイクは、エンジンガスケットやイグニッションコイルイグナイターオルタネーターECU等電子部品も駄目になってくる事も有るので

非常にリスクが高いです。

 

もちろん30年以上前の旧車でも、しっかりり整備して乗る事は出来ますが

実際は故障との戦いで新しいバイクよりも大変です。

 

 

しかし限定的な用途では中古で買う事も良い場合も有ります。

 

それは初めてバイクを買う場合で、新車で買っても倒したり

ぶつけたりしてしまう懸念が有る場合です。

 

またバイクを買ってみたものの、すぐに違うタイプのバイクに乗り換えたくなる人も居るので、15年位古くて安いバイクを買って

自分の好きなバイクを乗りながら、探すという場合は有りかと思います。

 

 

▼ 関連記事はこちら

バイク業界再編の動き

 

バイクも電動化の波が来た!

 

バイク コラム