インカムをヘルメットに取り付ける方法 2

ヘルメットインカムステーを取り付けたので

次にマイクスピーカーを取り付けます。

 

▼前回の記事はこちら

インカムをヘルメットに取り付ける方法 1

 

マイク&スピーカーセット

 

ヘルメットの内側に取り付けます。

まずはマイクから

マイクは大体この位置に取り付けます。

(※ジェットタイプの場合)

 

※フルフェイスの場合は、口元に取り付ける物が

同梱されています。

これを口元の部分に取り付けます。

 

 

それではマイクを取り付ける為に

ヘルメットの内装を取り外します。

マイクをヘルメット内側に取り付ける

位置を決めます。

 

こんな感じで取り付ける事にしました。

※取り付け場所はヘルメットや用途で変わります。

 

ではマイクを取り付けます。

マイクの台座の接着テープの紙を剥がして……

 

ペタッ。

そして次にマイクの先端に近い部分の2次固定する為に

固定具を付ける為のマジックテープを接着します。

 

大きいのでカットします。

接着ポイントを決めます。

ペタッ

こんな感じでマイクが固定されました。

 

これでマイクの取り付けは終了です。

 

 

次にスピーカーを取り付けます。

 

スピーカーは右側左側指定になっている事が有るので

必ず確認して指定通りに取り付けましょう。

 

今回のインカムの製品も指定が有りました。

 

コードが長い方が右側のスピーカーです。

 

何でも指定通りに取り付けた方が

FM電波の受信感度が良くなるとか。

 

 

今回はイヤーパッドに取り付ける事にしました。

スピーカーに付いているマジックテープを剥がします。

(※接着テープの紙は剥がしません)

マジックテープはゆっくりと少しずつ剥がしましょう。

一気に剥がすとマジックテープ全体の固定力に対して

剥がす事になり、破損の原因になります。

ベリベリッ……と。

 

このスピーカーの裏側にもマジックテープが付いているので

イヤーパッドにそのまま貼り付けられます。

ペタッ。

 

内装を取り付けると、こんな感じです。

同じ様に右側も取り付けます。

 

スピーカーやマイクの配線は

ヘルメットの内装材の中に収納しましょう

 

これでインカムの装着が完了しました。

なんか白バイ隊員のヘルメットみたいです。

インカムの取り付けはそんなに難しくは有りません。

 

これで走行中も電話に応答する事が出来る様になりました。

 

 

また今回のインカムの取り付け方法は

あくまで参考例なので、ご自身のヘルメットの仕様や

利用用途等で、最適な取り付け方法で取り付けて下さい。