KSR エンジンオイル交換&エレメント交換

さて今回は整備の基本であるオイル交換です。

まあ赤バロンさんで新車で買ったバイクなので

まだリザーブオイルが残っているのですが

どうもお店に頼むとオイルを交換した実感が湧かないので

好きではありません。

 

という訳でまずはエンジンオイルとオイルフィルターを交換してみる事にしました。

 

以前交換した記録を見ると

……ふむふむ……2012年9月……

……これは………5年前だ!

 

走行距離は2000キロ程度と大した距離は走っておりませんが

かなり古いオイルが入っています。

 

ちなみにエンジンオイルは半年~1年で交換と言われていますが

私はそんな必要は無いと考えています。

 

エンジンオイルは空気に触れる事の酸化と

高温によって劣化していきますが

たかだか一年位で性能が極端に落ちる事は無いので

まず気にする事は有りません。

 

実際5年使用しているエンジンオイルですが

現在特別問題は感じられません。

 

エンジンオイルが最も劣化する要因は高熱です。

 

ターボ車はオイルがすぐに劣化してしまうのはコンロッド付近が超高温になるのでそんなに持たないのです。

 

ではまずオイルを交換をする事にします。

 

倉庫に10年位眠っていた新品オイルフィルター
やっと日の目を見る日が来たか……。

 

 

 

 

 

では早速エンジンオイルを抜きます。

 

ドレンボルトはここです。

ドレンボルトはメガネレンチがベターです。

オイルの汚れはまずまず。

パッキンは損傷が無いので再使用します。
ちなみにお店では原則オイル交換ごとにパッキンも交換しますが

レースなどに出る場合を除いて
一般用途では損傷がない場合はパッキンの再使用は全く問題ありません。

 

そしてオイルフィルターを外します……。

……とここで、問題発生KSRのオイルフィルターは
エクステンションバーかロングソケットを使用しないと
ボルトが外せません。

 

と言う訳でオイルフィルターを外す為だけに工具を買う羽目になりました。

そういえば買ってから一度も自分でオイルフィルターは交換したことが無い事を
改めて思い出しました。

工具を買って再度オイルフィルターをばらします。

シャキーン!

外したオイルエレメントです。

やはり結構古いオイルがフィルター内に残っていました。

厳密に言うとオイル交換時もフィルターを外した方が
古いオイルが抜けて良いという事を改めて感じました。

カタログ表記だとエンジンオイル交換時に
オイルフィルター同時交換だと100cc余分にエンジンオイルが必要と記載されています。

実際にはオイルフィルターからは100ccもオイルは出てきませんが
フィルター内部に浸透したオイル等も含めるとその位になるという事でしょう。

KSRだとフィルター内のオイルは全体の10%という事になります。
1割……かなり大きい。

ちなみにお店でオイル交換時にフィルター内のオイルも出してくれと言うと
別途オイルフィルター交換手数料を取られます。

自分でやればタダです。

そして私はなるべくオイル交換時には
フィルター内のオイルも出そうと思いました。

面倒くさいけど。

せっかくなのでオイルフィルターカバーも清掃しておきます。

これは別にやらなくても問題ありませんが。

パーツクリーナーで洗浄すると

綺麗だ!

新しいオイルフィルターをお入れてパッキンを入れて
取り付けます。

オイルフィルターの装着とエンジンオイルのドレンボルトを締めて
いよいよ新しいオイルを投入します。

 

今回使用するエンジンオイルは

AZの100%化学合成オイルです。

 

コスパ最強です。

(4気筒等の高性能車は上のグレードにした方が良いです)

KSRはオイルの必要量は丁度1リットル。
フィルターを交換しない場合は900ccです。

オイルはこのキャップを外して入れます。

 

丁度1リッター入れると
オイルラインが適正な位置に来ました。

※オイルラインはバイクをスタンドで立たせた状態では無く
水平にした状態で見ます。

エンジンオイル&フィルター交換してエンジンをかけてみると

さあどうだ!
ブロロロロロッ!

という事でエンジンオイルとオイルエレメントの交換が完了しました。

 

ちなみに廃油の処理はポイパックが便利ですが

 

家族に小さなお子さんやお年寄りがいる方は

紙おむつが有ればそれで代用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)