バルカンS エンジンガード装着!

この前動物園に行った際に

駐車場を探している時に案内板を見つけたので、バイクに跨った状態で案内板をを見ていると

上り坂だったので、バイクが勝手に左側に動いてしまい

バイクを転倒させてしまいました。

 

 

余りのショックに呆然としました。

 

倒れたバイクの路面をよく見てみると

アスファルトが剥がれていて

1.5cmほどの段差が有りました。

 

駐車場の案内看板に気をとられていて、油断してブレーキをしっかりとかけていなかったので、バイクの前輪がその段差で動いてしまった訳です。

 

破損個所は、ミラーカバーの傷、ウィンカー受け部破損、チェンジペダル変形。

 

チェンジペダルの曲がりをハンマーで叩いてみたものの

戻らず、仕方なく部品交換する事になりました。

 

幸いにも、ミラーカバーの傷、ウィンカー受け部は塗装と補修材で修理完了しました。

 

修理代は結果的には1万円を切る位の出費で収まりました。

 

これがフルカウルだったら……10万円はするから恐ろしい……。

 

そこでエンジンガードを取り付ける事にしました。

 

ちなみにバルカンSのエンジンガードは

今の所国内では2つのタイプが出ています。

 

DIMOTIV
38000円

R&G
45000円

やっぱり高い……。

 

ディモティブはパーツがシフトペダルに近すぎて
恐らく操作に干渉しそうです。

 

R&Gは良さそうですが高い。

 

 

そしてさらに調べてみると

HEPCO & BECKERからバルカンS用の、エンジンガードが出ているようだと分かりました。

 

先人者のブログに感謝。

 

゛ユーロネットダイレクト゛で探していると有りました。

 

18300円 安い!

しかし送料が7200円かかるので合計で

25500円

 

それでも安い!
(※実際にはその他に関税が700円~1000円程かかります)

しかもデザインも良い!

 

という事で早速注文しました。

 

 

エンジンガードを注文して待つ事約1カ月……。

(※海外発送なので遅いです)

 

忘れた頃に届きました。

 

ヘプコ&ベッカー製 エンジンガード!

 

材質などの詳細の記入は有りませんが
持ってみると想像以上に軽いです。

 

間違いなくアルミ製でしょう。

 

心配していた重量増加は気にする必要はありませんでした。

 

 

早速取り付けてみます。

 

説明書が英語で書かれていますが、写真が付いているので大体わかります。

 

確か写真の三か所で留めるだけだと記憶しています。

装着は非常に簡単です。

 

2時間程で取り付ける事が出来ました。

 

ただ本締めする時は裏側のナットを固定してボルトを回すのが
作業しずらいです。

 

という訳で装着するとこんな感じです。

これでフルロックのUターンも安心です。

 

ちなみにバルカンSのエンジンガードは今の所国内では2つのタイプが出ています。

 

■DIMOTIV
38000円

■R&G
45000円

その他にヨーロッパで
■HEPCO & BECKER
18300円+送料7200円
合計25500円
(※その他に関税が700円~1000円程)

 

海外輸入代行業者を使えば購入可能です。

「ユーロネットダイレクト」

価格、品質共に
【HEPCO & BECKER】はお勧めです。

 

但し商品は注文から2週間~1カ月程かかります。

 

 

走ってみると気になっていた

シフトチェンジペダルの干渉も無く

何の違和感も無いのでほっとしました。

2 Replies to “バルカンS エンジンガード装着!”

    1. このエンジンガードの取り付けに関しては、ブレーキフルードタンクの移設等は一切ありません。
      バルカンSの専用品なので、基本的にボルトオン(無加工)で取り付け出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)