バイク ABS ブレーキフルード交換 1 解説編

 

さて今回はABS搭載車大型バイクブレーキフルード交換

解説していきます。

 

ちなみにブレーキフルードの交換は、原付でも大型バイクでも

作業難度はそんなに変わりません。

ブレーキフルード(ブレーキオイル)は

通常2年1度は交換と言うのが一般的な原則です。

 

▼ 詳しいブレーキフルードの記事はこちら

ブレーキフルード 交換の重要性 徹底解説

 

ブレーキフルード吸湿性の為に、走行距離に関係無くフルードが劣化するので

走行距離では無く期間で交換をします。

 

一般的なバイクは四輪車で使われている

倍力装置(ブレーキブースター)を使用していないので、ブレーキフルードが劣化してくると

明らかにブレーキタッチがあまくなり、制動距離も伸びてしまうので、定期的にブレーキフルードを交換をしましょう。

 

 

ブレーキフルードの劣化の目安の1つ色の変化があります。

▲ 新しいブレーキフルード

 

劣化してくると、茶色に変色します。

▲ 新車時から3年経過したリヤ側ブレーキフルード。

 

▼ フロント側

バイクのマスターシリンダー機構は、四輪車と違ってカバーされていないので

マスターシリンダーピストン周りの、プッシュロッドの受け側のブーツが劣化するとホコリや雨水が入りやすくなります。

その結果

マスターシリンダーのピストンカップの劣化

キャリパーのピストン部分の摩耗

またブレーキフルード内の水分による酸化による、マスターシリンダーピストンのサビ

等が発生しやすいので注意しましょう。

 

ブレーキ系統は密封されていて、錆びないと思っている方が居ますが、ブレーキフルード内の水分で錆びます。

 

なので二輪車の場合は、ブレーキフルードが劣化してくるとすぐにブレーキタッチが変わってきて、制動力の低下も早いです。

 

 

という訳でABS搭載車ブレーキフルード交換に関して解説します。

 

 

まずABS搭載車の場合は、車種によって搭載されているABSユニットが違いますので

自分のバイクのABSユニット機構を確認して

ブレーキフルードの交換をして下さい。

 

ABSユニットは大別して2タイプ有ります。

 

1つ目は国産で一般的に採用されている

汎用タイプのABSユニットです。

 

このタイプはメンテナンス性が良く、特に複雑な作業は有りません。

 

 

もう1つは、BMWに代表されるABSユニットです。

このタイプは通常のキャリパー側からのフルード排出だけでは、ABSユニット内のフルードが交換できず、ABSユニット側からもフルードを排出して、フルードを入れ替える必要が有ります。

 

また前の型のCBRABSユニットも同様に、ユニット側からもフルード交換する必要が有りました。

 

 

そこで今回はカワサキバルカンSABS仕様

ブレーキフルードの交換方法を解説します。

 

 

バルカンS等のABSユニット

いわゆる汎用タイプのABSユニットです。

ABSユニット(※正確にはハイドロリックユニット)

BMW等の特殊なABSユニットを採用しているタイプは

ABSユニットから直接ブレーキフルードを交換する必要が有ります。

 

 

今回紹介するのは国産バイクで多く採用されている

汎用タイプのABSユニットを採用しているバイクの

ブレーキフルード交換法です。

 

 

まずはABSユニット(ハイドロリックユニット)の

ブレーキフルードの経路図を理解しなくてはいけません。

この様にABS搭載車

マスターシリンダーから1度ABSユニットを介してキャリパー迄行っている事が分ります。

 

▼ 詳細図

※ この経路図は簡略化してありますので、実際の経路はもう少し複雑です。

 

 

次にABSユニットが作動した時の仕組みを解説します。

 

図の様に、ABSユニット

ブレーキ系統の途中に遮断機構を持っており

センサーでホイールロックを感知すると

すぐにABSが介入して、ブレーキを開放してホイールを再び回転させます。

 

 

そしてこのタイプの汎用ABSユニットは、通常時ブレーキフルード経路がオープンになっているので

通常時のブレーキフルード交換の手順と同じ方法で、作業すればABSユニット内部のフルードも交換する事が出来ます。

 

 

では実際にブレーキフルードを交換していきます。

 

 

▼ 続きはこちら

ABS ブレーキフルード交換 2 フロント偏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)