正立フォークと倒立フォークの違い

バイクのフロントサスペンション

フロントフォークと言う呼び方をします。

(以後フロントフォーク)

 

正確にはテレスコピック式フォークと言います。

 

テレスコピックとは"望遠鏡"と言う意味です。

 

自動車と比べると1つの車輪に

左右2つサスペンションを備えているので

しっかりとした減衰力が有ります。

 

そしてバイクのフロントフォークには

正立式倒立式2種類が有ります。

 

 

 

 

 

バイクに詳しくない人は

どちらも同じ様に見えると思いますが

 

正立式倒立式は多少の違いが有ります。

 

 

今回は正立式倒立式違い

なるべく解り易く、そして深く掘り下げていきます。

 

 

では正立式倒立式フォークの何が違うのかと言うと

 

その違いは"アウターチューブの位置"です。

 

正立式

正立式フロントフォーク

オイルが入っているアウターチューブが下に有ります

 

 

反対に倒立式フロントフォーク

アウターチューブが上に有ります。

 

アウターチューブ正立フォーク

アウターチューブ倒立フォーク

 

 

つまり正立フォークに比べて

倒立フォークは反対に逆立ちしている(倒立)

という事で倒立フォークと言います。

 

 

このアウターチューブの位置の違いによって

どんな違いが有るのかと言うと

 

倒立式の最大の強み高剛性であるという事です。

 

倒立式フォークサスペンションの筒の部分である

ロッドよりも太いアウターチューブ

 

上に付いていてハンドルに固定されているので

捻じれ剛性も強く絶対的な負荷強度も高いです。

 

 

またその他にも

倒立式重いダンパー部が上に有る為

バネ下重量が下がり走行性能が上がります。

 

 

バネ下重量とはサスペンションより下の

部品、ホイールやキャリパー等の重量の事です。

 

そのバネ下重量を軽くすると

エンジンから出力されたパワーがホイールに伝わった時に

回転力の負荷が減る事になります。

 

解りやすく言うと2キロの靴を履いて走るのと

 

100gの靴を履いて

1,9キロの荷物を背負って走るのでは

 

人間全体の重量は同じでも

明らかに靴が軽い方早く楽に走る事が出来ます。

 

 

また減衰力に関しても

路面のギャップの突き上げの際に

 

バネ下重量が軽い方が慣性力が減って

サスペンションが受ける入力負荷が減り

反力も小さくなってダンパーの動作負荷が減って

サスペンションの動きが良くなり

タイヤの追随性が上がります。

(※過度なバネ下重量の軽量化は逆に足回りがバタつきます)

 

これは解りやすく言うと

ピンポン玉を地面に投げて返ってくる力と

野球ボールを地面に投げて返ってくる力では

重い野球ボールの方が遥かに受ける力が大きくなります。

 

サーキット走行などの

常にタイヤが路面に設置していなければならない様な

過酷な状況では倒立式の方が優れます。

 

またそれ以外にも倒立式の方が

オイル容量を多く確保でき

ストローク量も確保しやすい事から

オフロード車には倒立式が積極的に採用されています。

 

 

ただ倒立式は全ての面で

正立式よりも優れている訳ではありません。

 

 

倒立式アウターチューブが上に来るので

どうしても重心が高くなってしまいます。

 

重心が高くなる取り回し旋回性に影響が出ます。

 

また倒立式フォーク

ロッドよりも太いアウターチューブ長いので

サスペンション事態も重くなってしまいます。

 

なので車両重量が増えてしまうので

重量増から来る加速性能や減速性能

燃費も悪くなります。

 

バネ下重量が下がって運動性能は上がりますが

最終構成重量は上がってしまうので

絶対的走行性能は下がります。

 

この重量に関する性能差は結果的に

打ち消し合っているように思えます。

 

 

正立式フォーク

シンプルな構造で軽量です。

重いアウターチューブに来るので

低重心になり取り回し旋回性等が良くなります。

 

 

またバネ下重量重いので

サスペンションの追随性下がる

路面からの入力を受けにくくなって

乗り心地が穏やかになります。

 

 

なのでクルーザーツアラーバイクには

正立フォークの方が向いています。

 

 

またその他に正立フォーク倒立フォークでは

メンテナンス性にも違いが有ります。

 

 

倒立式フロントフォークは躍動部が上に在るので

埃や雨水等は下に落ちていくので

異物の侵入の心配はほぼありません。

なので倒立式フォークダストシールの役割

正立式フォークに比べると重要性が低いです。

 

 

反対に正立式フォーク

ダストシール下に在るの

ダストシール劣化すると

雨水やホコリが侵入しやすいです。

 

 

ただ逆にフロントフォークオイルシールに関しては

倒立式の方が重要性が高くなります。

 

倒立フォークは重力で下に落ちてこようとする

フォークオイルオイルシールでせき止めているので

 

オイルシールが劣化してフォークオイルが漏れる

上からオイルが漏れてきます。

 

 

正立式オイルが入ったアウターチューブ下に有るので

オイルシールが劣化しても

下に溜まったオイルはサスペンションの運動時以外は

上に上がってこないので

すぐにオイルが漏れて垂れてくる事は有りません。

 

 

なので正立式フォークオイルシールの重要度は

倒立式程シビアでは無いです。

 

 

またそれ以外には

倒立式は上部にダストシールが有るので

跳ねた小石が当たりやすい側面も有ります。

 

正立式フォーク

小石がダストシールに当たる事は有りません。

 

正立フォークの特徴

 

● 軽い

● 乗り心地穏やか

● 水、埃は侵入しやすい

● オイル漏れしにくい

 


倒立式フォークの特徴

 

● 高剛性

● バネ下重量が軽い

● タイヤの追随性が高い

 


 

正立式フォーク倒立式フォーク

比べてみましたが

 

実際にはそれほど大きな違いは有りません。

 

また強度減衰力性能

フォーク自体の径を大きくする事で

性能を簡単に上げられるので

 

それほど正立倒立での絶対的性能

大きな違いは有りません。

 

 

なので通勤などで使用するバイクに関しては

個人的には正立式の方が向いていると思います。

 

正立式フォークの方が軽くて燃費も良く

乗り心地が穏やかで楽で

 

何よりもオイルシールが劣化した時

倒立式フォークではオイルがダラダラと漏れてきて危険だからです。

 

 

正立式ではオイルシールが劣化しても

オイルの漏れは限定的でまず気づかない程です。

 

 

またその他に万が一バイクが事故に遭った時に

バイクは事故の際殆どの場合

フロントタイヤが潰れてフォークに大きな力が加わります

 

その場合、倒立式フォークのバイクは

フロントフォークの剛性が高すぎて

フレームまで曲がってしまう事が有ります。

 

 

 

 

正立式フォークの場合は

上部のロッド部分が変形してダメージを吸収するので

フレームへのダメージは免れる事が有ります。

 

 

フロントフォークが変形した場合は

フォークを交換する事で安価に修理が出来ますが

 

フレームが変形した場合は

修理は不可能ではありませんが

専用のフレーム矯正設備が有る整備工場で

修理する必要が有り

 

修理代も高額になります。

 

 

そういった事も有ってか

主なスクーターカブCB400SF等は

全て正立式フォークを採用しています。

 

 

という訳でバイクのフロントフォーク

正立式倒立式を掘り下げてみました。

 

正立式倒立式はどちらが良いと言うものでは無く

一長一短が有ります。

 

 

安全の為にたまには

フロントフォークダストシール部分をチェックして

ダストシールオイルシールの異常が無いか確認しましょう。

 

 

▼リヤサスペンションについての記事はこちら

リヤサスペンションについて考察する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)