バルカンS LEDヘッドライト化!

この間車のヘッドライトをスフィアライトライジング2の

LEDヘッドライトに交換して感動した私は

早速次は愛車のバルカンSにも装着する事にしました。

 

バルカンSは純正に一般的なハロゲンランプが装着されています。

純正のヘッドライト(H4ハロゲンランプ55w)

 

そして今回カスタムするのが

スフィアライトのライジング2という

LEDヘッドライトです。

▼これです。

 

しかも(3年保証)付きです。

 

しかしバルカンSの場合は取り付けスペースがかなり狭いので
自分で取り付けるのを辞めて

ショップで取り付けてもらう事にしました。

 

このタイミングでヘッドランプ内のポジションランプも
LEDの白色の交換します。

ちなみにバルカンSのポジションランプはT10です。
メーカーに確認しました。

バルカンSはヘッドライト点灯時に
ポジションランプも同時点灯になる仕様ですので

 

ポジションランプを変えないと
ヘッドライトを見た時に上部がオレンジがかって見えます。

 

まあ大した事では無いですが。

 

では交換したLEDヘッドライトの明るさを見てみましょう。

光が白い!

今風だ。

 

……あ……明るい!
というより、眩しい位だ。

▼これがロービーム

流石、スフィア!
配光もしっかり出ていて
有る一定のラインでしっかりと光が切れています。

▼こちらはハイビーム

何と100メートル以上も視認できる明るさです。

もはや感動してしまうレベル。

このカスタムの費用対効果は最高だ。

これで夜も安心。
しかもバッテリー負荷も軽減できる。

 

これまでいくつかのヘッドライト用LEDは有りましたが

どれも明るさが足りなかったり

または明るさは十分出ても配光が狂っていたりと

ちゃんとハロゲンランプの代用に使える様なものは

有りませんでした。

 

このスフィアライトのライジング2に関しては

ハロゲンランプを全ての面で超える性能だと言えます。

 

特筆すべきはその配光性です。

しっかりとカットラインが出るので

対向車に迷惑をかける心配も有りません。

 

と言う訳で今回のカスタムは実りの有る結果となりました。

 

ちなみに現在評判が良いLEDヘッドライトは

スフィアライト社の他に

サインハウス社

PIAA社

IPF社 車用のみ

 

等が有ります。

 

サインハウスはLEDの放熱機構に

金属製のリボンを使用するという特許を取得した技術を使用しています。

 

PIAAは冷却にファンを使用しています。

 

特にサインハウスとPIAAは

様々なバイクのライト規格をラインナップしています。

 

その中でも50cc~125c等の小型バイクは

規格、交流電気、出力等のヘッドライトのカスタムに制約が多いのですがこれを全て解決したのが

サインハウスのLEDです。

 

何といっても交流でも安定して点灯する様に設計されているのは

小型バイクにとってもは有りがたいです。

 

また最も明るいのはサインハウス社の

H4型ハイパーです。

その明るさは4500ルーメンという

 

一般的なLEDヘッドライトの2倍位有ります。

ただこのH4型ハイパーは放熱部が大きくなるので

適合車は限られています(要適合確認)

 

そしてほとんどのバイクに適合するのが

H4コンパクトです。

バイクに関しては夜間の視認性を確保するのはとても大事ですが

バイクは車中心の交通社会に交じって走行するので

車から見て存在感をアピールする事がとても重要になります。

 

それはバイクは車から見ると比較的小さく見えるので

実際の位置よりも遠くに居るように映ります。

 

なのでバイクに乗っていて何度か経験した事が有るかと思いますが

車に乗っている時よりも無理に右折されたり

車線に入って来られる事が有ります。

 

これは車の方は無理に割り込んでいるというよりも

遠くに居るという認識から

車線に入ってくるのです。

 

ところが中型以上のバイクは車よりも

遥かに動力性能が高いので危ない思いをする事になります。

 

そういった危険を回避するためにも

バイクのデイライト(常時点灯)が義務化されたわけです。

 

そしてLEDライトはその波形の特性上

発光部がとても明るくその割には光の広がりが狭いです。

 

なので光を遠くまで到達しようとすると

発光部がとても眩しくなります。

 

しかしそれはバイクの存在をアピールするにはとても有効です。

LEDライトなら昼間でもしっかりと認識できるほど

発光部が明るいので安全に寄与してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)