実はシールチェーンはほぼノーメンテで良い

バイクを乗る人の殆どは

ドライブチェーンメンテンナンスをしていると思います。

今の中型以上のバイクは全て、シールチェーンを採用しているので

そんなに頻繁にグリスアップする必要はありませんが

 

チェーンルブ(グリス)はどんなものが良いのか?

 

またどの位の頻度でチェーンの清掃注油をすればいいのか

等々分からない事も多いと思います。

 

その辺りのドライブチェーンメンテナンスについて

徹底的に解説していきます。

 

 

ちなみにカワサキの取扱説明書には

走行距離500キロごと)

(雨天走行後、洗車後は注油してください)

 

とアナウンスされております。

 

しかし色々と調べていると

最近のシールチェーンは、かなり高性能化しているので

一定の条件が整えば

ほとんどメンテナンスフリーでも、問題無いと言っている方も居られます。

 

メーカーの指定する整備範囲と、実際に必要な整備範囲は

どちらが正しいのでしょうか?

 

という事で、徹底的に調べてみる事にしました。

 

 

そして解った事は

① ドライブチェーンピンブシュ間円滑最も重要

有る事。

② チェーンが伸びるのは

ピンの外周部ブシュの内側が痩せる事で、隙間が広がって起こる現象であり

金属自体が伸びる訳では無い事。

 

③ シールリング最も円滑が必要

ピンブシュ間にグリスを封入する事を目的で装着されている事。

 

具体的にはピンの外側ブシュの内側に、グリスが封入されています。

ピンシールリングを装着して

グリスを密封構造にします。

 

そしてシールリングの上に、プレートを被せて蓋をします。

 

▼もっと詳しいシールチェーンの構造解説はこちら

シールチェーンの構造 解説

 

④ ローラースプロケットとの噛み合い時に

衝撃を吸収してブシュを保護する為の部品である事。

 

 ローラースプロケット噛み合い部分

円滑の必要性は殆ど無い事。

 

⑥ また仮にスプロケットローラー部に

グリスを塗ったとしても

高速走行ではすぐに飛散して行って消失してしまう事。

 

⑦ 高級ドライブチェーンのメッキ加工

チェーンの錆を強力に抑制して

傷でもつかない限り、無給油でも錆びる事はまず無い事。

(※極端な雨天走行後は水分の除去は必要)

 

⑧チェーンのメッキ加工

外側プレート面のみのものと

プレート両面、ピン、ローラー等のチェーンの全体をメッキ加工したものが有り

フルメッキでは無い場合はプレート裏側や

ローラー部分が錆びやすい事。

 

 

という事が理解出来ました。

 

 

確かに最近のメッキ加工されたシールチェーンは

強い耐久性が有り

チェーンのたるみ調整最低限の油膜保持を行っていれば

500キロどころか

5000キロ~10000キロに1度の注油でも問題無く

 

またバイクの保管状況が、雨天にさらされない状況なら

年に1度の注油でも全く問題無いという

驚くべき事が分りました。

 

 

この事から分かるのは

シールリングの有るドライブチェーンに、注油する主な理由は

部品の接触による抵抗値の削減では無く

 

防腐の意味合いであるという事です。

 

 

簡単に言うと

円滑に関してはシールリングに封入されたグリス

その仕事をしているので

 

後はシールリングで防腐をしていない

プレート面ローラー部ピンの露出面等を

錆から守る必要性が有る訳です。

 

いくらシールリングで円滑していると言っても

シールリングが接触している

プレートの裏面が錆びてしまうと

錆びた部分がヤスリ状になりシールリングを傷つけて

その結果、シールリングで封入されていたグリスが

消失してしまうからです。

 

またここでとても重要な事を書きますが

ドライブチェーン過度な清掃

かえってシールリングを痛めて結果的に

密封しているグリスを消失させてしまう事になります。

 

もちろんシールチェーンワイヤーブラシ厳禁な事は

ご存知だと思いますが

ナイロンブラシであっても強く擦れば

ゴムでできた柔らかいシールリングを痛めたり

チェーンクリーナーを多用すると

強い圧力で拭きつけられた溶剤が

シールリングの隙間に浸透して

封入された高性能グリスに混ざってしまい

高性能グリスの性能を、著しく低下させてしまう事が有ります。

 

 

この事からも現在のシールチェーンに関しては

耐久性の要ゴムでできたシールリングになっている事からも

かなりデリケートになっている点も有るので

 

最低限のメンテナンスの方が

結果的に長寿命化するという皮肉な事になっています。

 

 

以上の事から私見を述べると

シールチェーンにはチェーンクリーナー

使用しない方が良いです

 

百害あって一利無しと言ったところです。

 

もっと言うと

シールチェーンは清掃しない方が賢明です。

 

こう言うと

そんな訳ない清掃は必要だ

と思う方も多いと思いますが

 

実際ドライブチェーンの古いグリスやホコリは

チェーンに悪さをする訳ではありません。

 

ただ粘度の高いウェットタイプのグリスを使用してしまうと

チェーンに付着したグリスが埃を吸って固まってしまい

駆動抵抗になるので

一般的な使用環境では、まず粘度の高いウェットタイプのグリスは

使用しない方が良いです。

 

こうなってしまうと流石に固着したグリスは

除去しないといけません。

 

チェーンを清掃しない方が良い根拠は

まず汚れたグリスが埃を吸って黒くなっていても

シールリングは適度な圧力で、プレート内に装着されているので

汚れたグリスホコリが、シールリングの中に入る事は有りません。

 

 

次に砂利や小石ですが

 

ドライブチェーンは外側に対して回転力が

かかるので(遠心力

基本的にはジャリや小石等は吹き飛んで行って

シールリングの有る内側に入って行く様な事も有りません。

 

なのでドライブチェーンの清掃

シールリングや、封入されたグリスを劣化させる危険性が有り

それを上回る必要性も特にありません。

 

またシールチェーンを外して灯油に漬けるという

清掃方法を実践している人も居るかと思いますが

これは絶対に止めた方が良いです。

 

灯油は洗い油と言われていて洗浄力が高いのですが

シールチェーンを長時間灯油に漬けてしまうと

シールリング内に封入されている高性能グリスに

灯油が浸透してしまい、高性能グリスの性能が低下して

封入グリスが同時に流出してしまいます。

 

いくらシールリングでグリスを密封していると言っても

実はシールリングの密封圧はそんなに高くは有りません。

 

この理屈は極めて単純で

余り高い圧力でシールリングを密封してしまうと

シールリングとプレートとの摩耗係数が上がってしまい

駆動抵抗が上がるのと、シールリング自体が摩耗で駄目になってしまいます。

 

なのでシールリングの密封圧力は、最低限に留められているのです。

 

チェーンを灯油に漬けて洗う方法は

ノンシールチェーンにはとても有効ですが

シールチェーンには絶対に止めましょう。

 

 

なのでドライブチェーンの汚れが気になったら

新しいグリスを付けて拭き取る事で

綺麗にする方が良いです。

 

 

と言う訳で

フルメッキ加工されていない

普通のシールチェーンに関しては

 

ドライブチェーン自体に油膜を貼る為

グリスアップする必要性が有るという事が言えます。

 

それがフルメッキ加工されたドライブチェーンでは

もはや防腐の必要性も殆ど無いので

完全では無いものの

ほとんどメンテンナンスフリーになっているという事です。

 

ただメッキ加工されていないシールチェーンに関しては

防腐の為3ヶ月~半年一度

グリスをチェーン全体に塗り付ける必要が有ります。

(※保管環境が雨に当たらない状態)

 

保管環境が雨水に当たる場合は

グリスを塗布しても雨水で洗い流されてしまうので

どんなにグリスを塗ってもキリが無いので

シートを被せて保管しましょう。

 

またチェーンに使うグリスは

経験上、低粘度のチェーンルブ(グリス)か

ペーストタイプのグリスの方が良いです。

 

その理由は高粘度のタイプは、油膜力は強いのですが

すぐに埃を吸ってしまい

固い個体となって、チェーン各部に固着してしまうからです。

 

なので防腐の意味合いで使用するグリスは

低粘度チェーンルブ

 

 

ペースト状マルチグリスの様なものが適しています。

このタイプのグリスは浸透性は低いものの

定着性が高く、あまり埃を吸わないだけでなく

ホコリを吸っても固着しないからです。

 

 

 

また雨天走行後は防腐の為に、水分が完全に乾いてから

グリスアップの必要が有ります。

 

次にフルメッキ加工されたシールチェーンは

年に1度程度チェーン全体をグリスアップするだけで

 

あとはチェーンが伸びない限り

特にメンテナンスの必要は無いです。

 

もちろん雨天走行後は

同様に再度グリスアップした方が良いですが

特にしなくてもメッキは濡れたぐらいでは

すぐには錆びないので

雨天走行を2,3回程度してから

1度グリスアップでも良いかと思います。

 

 

また誤解しないでもらいたいのは

フルメッキ加工されたドライブチェーン

ノーメンテナンスでもチェーンの寿命に変化は無いのですが

 

走行中に小石等がチェーンにヒットして

メッキ部分に傷が入ってしまうと

そこから錆が発生する事が有ります。

 

なのでいくらノーメンテナンスだからと言っても

定期的に点検は必要です。

 

ノーメンテナンスというのは

ノーチェックではありません。

 

 

【普通のシールチェーン】

防腐の為にグリスの塗布が必要

 

頻度3~6カ月に1度

雨天走行後、洗車後は再びグリスの塗布が必要。

 

※チェーンの洗浄はやらない方が賢明。

 

 

フルメッキ加工シールチェーン

防腐の為のグリスの塗布はやらなくても問題無し

ただメッキを腐食から保護する為に、グリスアップしても良い

 

頻度 1年に1回

雨天走行や洗車を2,3回したら

再度グリスの塗布する位で十分。

 

チェーンの清掃は不要

 

また防腐に使用するグリスは

粘度の高いウェットグリスは、固着の原因になるのでやめた方が良いです。

 

低粘度のチェーンルブか、垂れないペーストタイプのグリスがお勧めです。

 

 

というような感じになります。

 

 

と言う訳で

今回は煩雑なチェーンメンテナンス

ノンシールチェーンに関しては実は最小限で良く

 

過度なチェーン清掃はかえって

シールチェーン寿命を縮めてしまうという

 

これまでの常識からみると、かなり意外な事実だと思います。

 

 

バイクにとっての愛情が、かえってバイクを痛めてしまう事も有るので

気を付けましょう。

 

と言う訳で少しでも皆さんのバイクライフに貢献できればと思います。

 

 

▼関連記事はこちら

シールチェーンの構造 解説

ノンシールチェーンとシールチェーン比較

KSR チェーン交換 1 解説

チェーン調整 解説 大型バイク偏 1

チェーン調整 解説 ミニバイク偏

 

 

 内プレート外プレートメッキ加工!

最強の防腐性能を誇るZVMーXチェーン!

 


H2Rにも純正採用されいている世界最高性能を誇る

スリードチェーン!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)