レブル1100 詳細を解説

先日HONDAから正式に発表された

レブル1100

レブル1100"の詳細を、詳しく掘り下げていきます。

▼ 基本的な仕様キャラクター解説はこちらです。

レブル1100 発売へ!

 

まずは基本的な仕様です。

水冷SOHC 4バルブ並列2気筒エンジン

1084cc

87馬力 最大トルク9.9キロ

最大トルク発生回転数 4750回転

トランスミッション:6速 (DCTモデル有り)

重量:223キロ (233キロ DCTモデル)

 

 

そして装備面です。

 

トランスミッション6速です。

一般的なマニュアルトランスミッションの他に

DCT(オートマチック)モデルの2タイプから選ぶ事が出来ます。

 

 

スロットルバイワイヤシステムが付いて、4つの走行モードから選ぶ事ができます。

● スタンダード

● レイン

● スポーツ

● 自分好みの設定

 

そして

● クルーズコントロール

● スリッパーアシストクラッチ

● トルクコントロール(HSTC)

● ABS

 

かなり最新の電子制御を盛り込んでいます。

 

またメーターには現在のギアポジション水温を表示します。

 

その他の装備

● USBポートタイプC

● フルLEDライト(デイライト内蔵)

● リチウムイオンバッテリー

 

 

次に足回りの装備です。

 

ブレーキは前後シングルディスクです。

フロントディスク330mm 対向式 4pot

 

リアディスク256mm 片押し式 1pot

 

またキャリパーは最新のラジアルマウントを採用しています。

 

 

フロントサスペンションは、43mm正立式のフロントフォークです。

フォークチューブは、酸化チタン仕上げでメッキとは一味違う、深い艶のダークカラーで、防腐性能も高いです。

 

リヤサスペンションツインショックリザーバータンク付きです。

 

ホイールアルミ製キャストホイールです。

フロントタイヤ18インチに大径化

130/70-18

 

リアタイヤ16インチと、レブル500と同様ですが

タイヤ幅が150サイズから一気に

180サイズとなり、かなり大きい印象です。

 

180/65-16

 

また前後フェンダー1mm厚の鉄製を採用して、質感を高めています。

 

ちなみにステップ位置ですが、レブルシリーズ共通の

ミッドコントロールです。

 

 

また燃料タンク13.6リットル

レブル50011リットルからは大きくなりました。

 

ドライブ方式チェーンドライブです。

おそらく【530】サイズと思われます。

 

 

という訳でレブル1100の詳細を見てみると、かなり最新の電子制御を与えられた事が分かります。

またレブル1100は、もうレブル500とは別のバイクとなっている事もわかります。

 

 

最後に、レブル1100アクセサリーパーツを装備する事で

● カフェタイプ


 

● ツアラータイプ

 

 

カスタム幅も用意されていて、ユーザーとしては選ぶ幅が広がり、HONDAの意欲を感じます。

 

 

軽くて強烈なパワーを与えられた新しいレブル1100

シート高700mmという最高の足付き性に加えて

223キロという中型クラス並みの重量は、小柄な女性でも気負いなく乗れる、世界初の軽量級リッターオーバークルーザーの登場となります。

 

レブル250は、これまで250ccクラスで快進撃を演じてきましたが、レブル1100で、今度は大型クラスでも快進撃となりそうな予感です。

 

 

▼ 関連記事はこちら

レブル1100 発売へ!

 

レブル1100 クルーザーの新しい形へ

 

今のベストバイク レブル250

 

 

個人的にレブル1100ツアラーアクセサリーの、風防カウル同色の方がカッコいいと思うので加工してみました。

これにサイドバッグをハードケースにカスタムしたら、かなりスタイリッシュなツアラーバイクになりそうです。

これをさらに同色のハードケースにしてみます。

 

艶っぽいツアラーにカスタムになる様な気がします。

 

そもそもハードケースが付くのかわかりませんが、レブル1100の可能性を考えてみました。

 

発売が待ち遠しい限りです。