2019 東京モーターショー

2019年の東京モーターショーの

コンセプトモデルなどを見ていきます。

 

まずはトヨタ。

LF-30

EVのコンセプトモデルです。

フロントマスクがこれまでの自動車とは

一線を画したデザインです。

 

四輪にそれぞれ独立したインホイールモーターを装備して

いるので、エンジンルームやドライブシャフトが不要になり

自動車の基本コンセプトから全く違う革新的なモデルです。

 

こちらはメルセデスベンツのEVコンセプト

VISION EQS

モーター最高出力は476馬力

航続距離は700キロ

 

こちらは三菱自動車

ENGELBELBERG TOURER

PHEVでモーターのみでも

70キロ走行可能です。

 

 

 

同じく三菱自動車の

MI-TECH

こちらもPHEVです。

SF映画に出てきそうな未来的なデザインです。

 

近い将来こんなカッコいい車が

街中を走る時代が来ると思うと何だかワクワクします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)