トリシティ300発売へ!

いよいよ三輪スクーターのトリシティ

中型モデルが登場します!

トリシティ300

 

これまではトリシティは

125cc→155ccと排気量を拡大させてきました。

またヤマハにはNIKENという

三輪の大型バイクが既に発売されています。

NIKEN 845cc

 

しかしヤマハの三輪スクーターのラインナップには

中型モデルが有りませんでした。

 

その間隙にトリシティ300が登場を予定しています。

 

 

ちなみに実際にトリシティ300が日本に登場する際は

トリシティ250に成ると思います。

 

トリシティ300はヨーロッパ市場向けに、既に開発されていて排気量やフットブレーキの設置、等は

ヨーロッパの法規制に合わせて開発されています。

 

ヨーロッパの運転免許区分では

普通自動車免許で運転する為には、足で操作するブレーキ機構が必要になります。

 

逆に言うとヨーロッパでは、トリシティ300

普通自動車免許で運転する事が出来ます。

 

 

その為に日本で発売する際には、エンジンをダウンサイジングして250cc化して

車検の適用を回避する経済性を持たせるでしょう。

 

 

また今回のトリシティ300には

これまでにない自立機能が搭載される予定です。

 

これは信号待ち等で任意に前輪を固定して

ライダーが車体を支えなくても、車体が倒れる心配が有りません。

 

実はこの自立機構は元々前輪二輪の

三輪スクーターの元祖であるピアジオ社

2007年に採用しています。

ピアジオ社 MP3

 

 

今回のヤマハのトリシティ300の開発は

本家イタリアを含めたヨーロッパ市場で現在

三輪スクーターで先行しているピアジオ社

真っ向から競争するモデルとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)