リーバイス 501 アメリカ生産を廃止

リーバイス(REVI’S)の

501といえばアメリカ(USA)というイメージです。

しかし実は去る2017年

リーバイス社にとって大きな変革がやって来ました。

 

リーバイス2003年にアメリカ国内での自社生産を廃止して、国内での生産は全て外注で制作されていました。

(※海外工場では生産継続)

そのアメリカ国内での外注を請け負っていたのが

コーンデニム社です。

 

コーンデニム社1891年に作られた歴史有る生地メーカーです。

(旧コーンミルズ社)

 

そのコーンデニム社のアメリカの

ノースカロライナ州グリーンズボロに在った

ホワイトオーク工場2017年12月に閉鎖されてしまいました。

アメリカを代表するアパレルブランドであるリーバイスも、品質に拘り自国で生産する時代から

より効率と採算性を求める時代の流れに、逆らえなかったと言えます。

リーバイスはそれまで生地メーカーであるコーンデニム社から、生地の供給を受け、生産も委託していたので

コーンデニム社の最後のアメリカ工場である

ホワイトオーク工場が無くなった事で

これによって純アメリカ製501は消滅してしまいました。

 

その古き良きアメリカ製の砦となっていた

コーンデニム社のホワイトオーク工場の閉鎖は

 

ジーンズ=アメリカというブランドイメージながら

実際は生地も加工も、生産は外国という図式に舵を切っていった訳です。

まあ別に外国生産が悪いという訳ではありませんが

ユーザーからすると、ブランドイメージの低下は否めません。

 

やがてはブーツメーカーレッドウィング

自国生産を撤退する時代が来るかもしれません。

 

 

▼ 関連記事はこちら

リーバイス(REVI’S)501とは

 

リーバイス ホワイトオークの501とは

 

リーバイス 501 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)