リーバイス ホワイトオークの501とは

現在リーバイスジーンズ

2003年にアメリカ国内の自社工場を閉鎖した為に

実はアメリカ製のジーンズは全て、リーバイス社は作っておらず

別会社に外注して制作されています。

(※外国ではリーバイスの自社工場で作っています)

 

つまりリーバイスはアメリカ本国では自社生産せず

マーケティングや企画、運営をするメーカーとして機能しています。

 

そしてデニム生地も全て第三国で製造されています。

 

 

しかしそれまで100年以上もの間

リーバイスの生地を納入していたのが

コーンデニム社"でした。

コーンデニム社の生地は品質に定評があり

リーバイスの繁栄の歴史の立役者でもあります。

 

しかし残念ながら

2017年12月にノースカロライナ州の

グリーンズボロに在った、ホワイトオーク工場を閉鎖してしまいました。

 

これがコーンデニム社の唯一のアメリカ工場であった為に

これによって事実上

アメリカ製生地のジーンズは生産されなくなりました。

 

 

あの501ベトナムカンボジア

作られているという事実は

アメリカンヒストリーを背負った、リーバイス501にとっては

非常にネガティブな事実として映ると思います。

 

 

しかしコーンデニム社ホワイトオーク工場

生地を生産してアメリカ国内で作られた

純アメリカ製ジーンズがまだ流通しています。

 

 

ホワイトオーク工場のジーンズは

新たに作られる事は無いので、既に在庫のみとなっています。

 

そんな希少性の高い

コーンデニム社ホワイトオーク工場の生地で

アメリカ国内で作られた501を購入しました。

 

14オンスです。

501アイデンティティボタンフライ

アメリカ製

 

ホワイトオーク工場製の生地を使用。

実際には生地の品質アメリカ製である事が

他のモデルと比べて、特筆して優れているという事は無いと思います。

 

外国製でも品質に相違無い様に

工場で品質管理されていますから。

 

しかしリーバイス501の発祥地である

アメリカで昔ながらの納入メーカーが手掛けた生地で

作られた501やはり特別です。

 

 

そこにはストーリーが宿っているからです。

 

アメリカ映画が好きな私にとっては

アメリカ製である事は非常に重要です。

 

まだホワイトオーク工場製の生地を使用して

作られた501はまだ流通しているので

 

この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

また注意しなくてはならないのは、

ホワイトオークのタグ

( WHITE OAK )あくまでも生地が

アメリカのホワイトオークの工場製という証明で、

このタグが有るからと言って、アメリカ製という意味ではありません。

 

あくまでも生地の生産社の記録表示です。

 

なので

( MADE IN USA 

のタグが無いとアメリカ製ではありません。

 

 

古き良きアメリカの老舗の工場である

 WHITE OAK の工場で作られたデニムで

アメリカの工場でアメリカ人が作ったジーンズ

 

コーンデニム社の生地、アメリカ製という

揺るぎないアメリカンヒストリーを纏った501

大事に履いていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)