車のバッテリー7年目を目指す!

さて車のバッテリーですが

 

一般的には5~6年位で寿命です。

 

メーカーは3年を目安としていますが

スパークプラグと一緒で

かなり早めの交換を推奨しています。

 

その裏には売り上げを伸ばしたい思惑が

透けて見えなくもないですが。

 

 

さて冬将軍が到来してめっきり寒くなりました。

 

朝車のエンジンをかけると

明らかにセルの音が弱いです。

 

バッテリーをチェックしてみると……

 

 

 

2012年2月23日に交換しているので

 

既に6年9カ月が経過しています。

 

もうそんなに経っているのか

時のたつのは早い……。

 

試しに電圧をチェックしてみると……。

12,5ボルト

 

一応正常値の電圧です。

 

バッテリーは大体12V~13V位が正常値です。

 

12V後半台が良い状態で

12V前半台になってくるとそろそろ寿命が近いと言えます。

 

12Vを切ったバッテリーは要交換です。

 

というか12Vを下回ったら

エンジン始動も困難ですが。

 

ちなみに後三カ月で7年経過する事になります。

 

何とか7年まで持たせたくなってきたので

交換はもう少し先にする事にします。

 

 

40B19L 2年保証

▼アイドリングストップ車等の充電制御車用MFバッテリー

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)