Ninja ニンジャ 排気量による違い

川崎重工バイク部門

圧倒的な存在感を誇っているのが

Ninja(ニンジャ)です。

 

Ninja の歴史

 

Ninjaの歴史は長く1984年に発売されてから

現在まで36年もの間、製造販売されています。

 

初代 Ninja GPZ900R

水冷4気筒DOHCエンジン

 

実は初代のニンジャのネーミング

北米市場で初めて名付けられました。

 

海外ではNinjaと言えば

日本の凄い奴 ‶というイメージでした。

 

 

実際初代ニンジャは当時では特筆した性能を持っていました。

1984年で既に115馬力を発揮して

最高速は何と250キロを超えました。

 

トップガンで人気を博したGPZ990R

 

そしてこの初代ニンジャ、知る人ぞ知る

あのトム・クルーズ主演の名作映画

トップガンマーベリック扮するトム・クルーズが実際に劇中で乗って、人気に火が付いた事も有名です。

 

▼ これがマーベリック使用のニンジャ

 

 

さて、そんなニンジャは現在でも大人気で

川崎のバイクラインナップでも

ど真ん中の中心的なモデルとなっています。

 

Ninja ラインナップの特徴

 

 

またニンジャは同じネーミングで

各排気量のラインナップを網羅しています。

 

 

具体的には

250cc~1000ccまでと

125cc以下を除いて全ての排気量の設定が有ります。

 

 

ニンジャは、排気量の違いでキャラクターが大分変ってきます。

 

 

その辺の違いを見ていきます。

■ ニンジャ250cc

水冷2気筒DOHCエンジン

出力:37馬力

重量:166キロ

65万円、消費税込み

 

250ccのニンジャは

エンジンは中低速からトルクの厚い2気筒なので

軽量な166キロの車体と相まってキビキビと走ります。

 

2気筒ならではの低中速域からトルクが出るので

街乗りでも扱い易く、ツーリングもこなします。

 

また最新のスリッパークラッチを装備しており

急なシフトダウンの際に起こる、エンジンのオーバーレブを防ぐ事が出来ます。

 

フロントブレーキは、シングルながら

310ミリと大型クラスの大径サイズを採用して

 

リアディスクは220ミリサイズ

このクラスでは珍しいデュアルピストンを採用しています。

 

足回りはかなり奢られた装備を持っています。

 

また14ℓ大容量タンクで、400キロを超える航続距離を誇っています。

 

この辺りはツーリングバイクの素性を持った、ロードスポーツバイクと言う事が出来ます。

 

最高速も150キロを超えてきて、侮れない走行能力を持っています。

 

ただ、タンデムではトルクが弱く、パワー不足がすぐに露呈します。

また高速道路では常に高回転を多用する為に、燃費もそれほど伸びず、追い越しも時間を要します。

 

 

■ ニンジャ400cc

水冷2気筒DOHCエンジン

出力:48馬力

重量:167キロ

72万円、消費税込み

 

400cc車体構成250ccをベースとしていて

エンジンのみ400ccとなっています。

 

車体重量が250ccから1キロしか増えていないので

150ccの排気量UPパワーのみに使われているので

250ccに比べるとトルクが強く

タンデムでも、そこまでパワー低下は感じません。

 

また高速道路でも、ゆとりがでてきて

80キロ位からの加速も良く、容易に追い越しが出来ます。

 

最高速も170キロ位は出ます。

 

 

 

■ ニンジャ650cc

水冷2気筒DOHCエンジン

出力:68馬力

重量:194キロ

価格:88万円、消費税込み

 

650ccになるとトルクの厚みが出て

全域で強烈な加速が有ります

 

タンデムでも気にならない程加速します。

 

またこのクラスからニンジャはフロントブレーキが

ダブルディスク化になります。

 

最高速も200キロの大台に来ます。

 

このクラスでも日本の道路では、使い切れない程です。

 

 

■ Ninja Z-X6R 640cc

水冷4気筒DOHCエンジン

出力:132馬力

重量:197キロ

価格:135万円、消費税込み

 

Z-X6R4気筒モデルです。

 

こちらは132馬力を誇る、ハイスペックモデル

SS(スーパースポーツ)カテゴリーバイクです。

 

リッター当たり200馬力の、チューンドエンジンを搭載しており

640cc1000ccクラスのパワーを発揮します。

 

またこのクラスから初めて倒立フォークを採用しています。

 

最高速も驚きの250キロをマークします。

 

完全な高回転エンジンでアクセルを開ければ

暴力的な加速で瞬時に14000回転まで一気に吹け切ります。

 

圧倒的パワーが有り、高速道路でも

怒涛の加速で簡単に追い越しが出来ます。

 

 

ただ、どうしても高回転エンジンなので

パワーバンドが上に有り、タンデム時等の高負荷時は

低回転域でトルク細さを感じます。

 

また2気筒に比べると30%程、燃費が低下します。

 

 

■ ニンジャ1000cc

水冷4気筒DOHCエンジン

出力:141馬力

重量:236キロ

価格:135万円、消費税込み

 

1000ccはもはや、サーキット以外では使えないパワーです。

 

回転数に関わらず、全域から溢れるパワーを発揮します。

 

100キロからの加速でも、体を持っていかれる程のパンチが有ります。

 

また快適装備が充実して

KTRC(カワサキトラクションコントロール)

3つの走行モードが設定でき、雨の日のスリップなどを抑制する事も出来ます。

 

またパワーを、フルパワーローパワーから選択でき

ローパワーは75%出力を制限して

スロットルワークに対してマイルドな反応なので、タンデム時街乗り

不意な急加速による、危険を抑制できます。

 

またクルーズコントロールも付いて、高速道路での巡行も快適になります。

 

 

最高速も250キロを越えます。

 

またタンデム、高速も余裕です。

 

 

 

■ ZX-10R 1000cc

水冷4気筒DOHCエンジン

出力:212馬力

重量:208キロ

価格:210万円、消費税込み

 

リッターSS(スーパースポーツ)のカテゴリーです。

 

なんと212馬力です。

 

パワーウェイトレシオが1を切っています。

 

最高速も300キロを超えてきます。

 

走りを極めたバイクという事が出来ます。

 

 

■ H2 1000cc

最後に市販公道車で最速を誇るのが

カワサキのH2です。

水冷4気筒DOHCエンジン

出力:242馬力

重量:238キロ

価格:363万円、消費税込み

 

スーパーチャージャーを内蔵したチューンドエンジン

カワサキが誇る、世界最高峰のバイクです。

 

242馬力余りに大きすぎるパワーで

プロライダーがサーキットでタイムアタックでもしない限り

秘めたパワーが日の目を見る事は有りません。

 

 

最高速337キロ(実測値)です。

 

メーターだと340キロ位は表示されます。

 

リヤタイヤのサイズは、カワサキラインナップ最大幅

200/55ZR17M/Cです。

 

■ H2R 1000cc

 

最後に

世界最高速を誇るのが、川崎のH2R

水冷4気筒DOHCエンジン

出力:326馬力

重量:216キロ

価格:605万円、消費税込み

タイヤーウォーマー、レーシングスタンドが含まれます。

 

※公道走行不可

326馬力

最高速400キロ!

 

 

そして最後に

海外向けに販売されている最大のニンジャが在ります。

 

逆車(逆輸入車の略)等と言われています。

 

それがZX-14Rです。

 

ZX-14R 1440cc

水冷4気筒DOHCエンジン

出力:210馬力

重量:268キロ

価格:190万円、消費税込み

 

最大排気量のニンジャで欧州等の

海外向けに販売されているモデルです。

 

日本ではカタログから外れていますが

株式会社ブライトから購入する事が出来ます。

 

ZX-14Rは、H2が出るまで

ニンジャの旗艦モデルとして圧倒的な存在感を持っていました。

 

現在はH2ツーリングモデル

H2 SX SEが国内向けに販売されているので

海外仕様のZX-14Rをあえて選択する意味が薄れました。

 

 

ZX-14Rの特筆すべきは強大なトルク

16.6キロ四輪車レベルのトルク7500回転で発生させます。

 

ロングツーリングや高速走行に、圧倒的に特化しているバイクで

ロングホイールベース&大トルクで

極楽なツーリングを楽しめます。

 

 

またZX-14Rは、その大トルクのお蔭で

常に低い回転数で走る事が出来ます。

 

60キロ時の回転数は、驚きの2000回転です。

 

実際に40キロ時の回転数は、1360回転なので

ほぼアイドリングで走ってしまう低速トルクです。

 

 

やはりZX-14Rは高速道路や、サーキットで本来の性能が発揮されるバイクです。

 

タンデムでも高速でも、登り坂でも

アクセルを捻れば一瞬で好きな位置まで運んでくれます。

 

 

最高速は300キロ!

 

 

ZX-14Rメガスポーツバイクとして

スズキのハヤブサと性能を競いながら切磋琢磨してきました。

 

昨今はカワサキがH2を開発した事で、長年続いたこのバトルは

カワサキが性能面で引き離した様な感が有ります。

 

 

この様にニンジャは同じコンセプトを継承しながら

排気量によって明確に変わってきます。

 

 

▼ 関連記事はこちら

バイク 排気量によるキャラクターの違い

 

大きいバイクは偉いのか? 排気量至上主義について

 

ZX-25R 250cc4気筒が復活!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)