インカムをヘルメットに取り付ける方法 1

最近はライダーの中でも利用者が増えている

インカム"ですが

今回はインカムをヘルメットに装着する手順を解説します。

 

 

インカム汎用に作られているので

基本的にはフルフェイスジェットタイプの一般的なヘルメットに取り付ける事が出来ます。

(※一部インカムとヘルメットによっては加工の必要が有ります)

 

ちなみに半防タイプヘルメットには

インカムを取り付け出来ません。

半帽ヘルメットは耳の部分を覆っていないので

スピーカーを取り付ける事が出来ず、頬の部分も覆っていないのでマイクの取り付けも困難です。

 

まあ一般的に半帽タイプのヘルメットに、インカムを取り付ける人は居ないと思いますが。

 

という訳で早速ヘルメットにインカムを取り付けます。

 

まずインカムです。

LEXIN社2019年最新モデル

▼これです。

 

12時間通話、高い防水、ノイズキャンセリング、4人同時通話、FM受信に加えて

何と2年保証と言う強気な姿勢が気に入りました。

 

取り付けキットが入っています。

 

今回インカムを取り付けるヘルメットは

ショウエイ"Jクルーズ"です。

インカムはこの辺りに付く予定です。

まずはヘルメットにインカムのステーを取り付けます。

 

ステーは内側と外側の両側からつけて

ネジで固定します。

 

まずはここに内側のステーを差し込みます。

内側のステー

▼ 

ヘルメットの内側の溝に差し込みます。

 

入りました。

 

 

そうしたら次にステーの外側を取り付けます。

この様にステー外側内側挟み込みます。

 

ステーの外側とステーの内側の取り付けは

ネジで締めるだけです。

 

これでインカムのステーの取り付けが完了しました。

 

 

次にスピーカーマイクの取り付けです。

 

 

▼続きはこちら

インカムをヘルメットに取り付ける方法 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)