KSRバッテリー御臨終。

寒さが厳しい季節ですが

バッテリーにとっても厳しい季節です。

今日KSRに乗ろうとキーを回すと
不思議な事にニュートラルランプが付きません。

まさかと思いキックを数回しても全く手ごたえが有りません。

 

試しにウインカーを付けてみると

付かない……。

 

ブレーキランプを付けてみても……

……点灯しない……。

 

バッテリーが死んだ……。

 

実は去年の夏にサルフューションをおこしていて
バッテリー端子を磨いた時に
もうそろそろ寿命だとは思っていた訳です。

 

そしてキーを外してから再び

キーを入れてACCにするとニュートラルランプが

かすかに光っています。

 

まるで蛍の光の様に儚い光です(笑)

 

するとそのランプも消えてしまいました。

 

という事はバッテリーは危篤の状態で

完全に死んだわけではない様です。

 

そこで私は前から気になっていた

キックスタートとはバッテリーが上がっても
エンジンがかかるのか?

と言う疑問をため試す良い機会がやって来たと

ここぞとばかり上がったバッテリー

キックスタートでエンジンをかける事にしました。

 

 

いつもなら2、3回のキックで始動するのが
全然かかりません。

 

諦めずにキックする事10回程

 

ブロロロロロッ!

……何と始動しました!

やはりキックスタートは強い……。

 

そして今日は3か所程行く場所が有ったのですが
思い切ってバッテリーの危篤状態のKSRで行きました。

 

結局走っていたらバッテリーが少し回復しました(笑)

今回駄目になったバッテリーは何と
6年8カ月も持ちました。

 

これは最高記録です。

 

▼これです。

2000円位格安バッテリーです。

しかし性能は純正のGSユアサを超える耐久性です。

 

純正のは4年位でダメになっていました。

 

まあこれだけ長持ちした理由は
冬季のバッテリー管理につきます。

▼充電器

 

冬季長期間乗らない場合は必ず充電します。

これをするだけで記録的な持ちを見せます。

 

 

今は安く売ってますね。

私は当時1万円位で買いました。

 

チェーンも同じですがメンテナンスによって

2~3倍位長持ちする事も有ります。

 

またよくネットで海外製の格安バッテリーは
性能が低いと言われていますが

決してそんな事は無いという事を実証した形になりました。

 

むしろGSユアサのものよりも強いんじゃないかと思います。

 

 

注文するとすぐに届きました。

品質は良さそうです。

何でもジェルタイプの電解液で

1,5倍の対放電性能が有るとか。

 

まあもっと安いのも有るのですが

1000円位けちっても意味が無いので

今回は冬季の対放電性に重きを置いて選びました。

 

それにしても10年ほど前と比べると明らかにバッテリーが

安くなっています。

 

ちなみに最初バッテリーを変えた時は赤バロンさんで

純正が9000円もしたのを覚えています。

 

バッテリーに関してはショップで交換を依頼する

メリットは無いようです。

 

今はリチウムイオンの軽量バッテリーが出ていますが

キック始動のKSRにそこまでハイスペックのバッテリーは

必要無いかなと思い今回は見送りました。

 

色々と調べてみるとAZ社、DRC社の

リチウムバッテリーは評判が良いです。

リチウムイオンバッテリーの記事はこちら

 

次はリチウムバッテリー搭載したいと思います。

 

という事で早速新しいバッテリーを取り付けてみました。

キック始動する前にピストンを上死点に

(ピストンが最上位置)

 

する為の予備キックを行う訳ですが

何と予備キックでエンジンが始動しました。

 

これは山梨の道の駅以来2度目の出来事だ!

 

バッテリーの電圧が高いせいなのか

燃料にガソリン劣化防止剤を入れているせいなのか

 

 

恐らく両方の要因でしょう。

 

これから新車にもリチウムバッテリーが搭載される時代が来るでしょう。

 

▼こちらがKSRの互換バッテリーです。

 

互換規格はYTX4L-BS、YTX5LーBS等

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)