KSR 純正タイヤ ミシュランタイヤ比較

KSR純正タイヤ

ミシュラン製タイヤを比較してみます。

 

▼純正 ダンロップ K178

KSR110純正タイヤ

ダンロップK178です。

 

性能的には可もなく不可も無くと言った感じです。

 

そしてミシュランシティグリップ

雨天やマンホール等のグリップ力を高めた

街乗りに適したタイヤとの事です。

 


それでは早速二つのタイヤの

トレッドパターンを見てみましょう。

左側ミシュラン、右側ダンロップ

純正のダンロップ製はセンターに

一本溝が切って有るだけでシンプルな構造です。

シンプル過ぎてちょっと安っぽい印象が有るのは

私だけでしょうか。

 

またサイドの溝が少ないので

コーナーリング中の排水性能は低そうです。

 

逆に言うとドライグリップ性能は高く

転がり抵抗が少ないので燃費は良さそうです。

 

それに比べてミシュラン製のタイヤは

放射線状に溝が切って有り

カッコいい印象が有ります。

 

サイドの溝が多いのでコーナーリング時の

排水性は間違いなく純正より高いでしょう。

 

ただ純正と比べると

ドライグリップと燃費は低そうです。

 

それでは具体的な数値で性能を比較してみましょう。

 

ロードインデックスと速度記号は

既定の条件下で許されている負荷です。

 

簡単に言うとタイヤの限界性能を示しています。

 

ダンロップK178

ロードインデックスと速度記号は

)「時速100キロ

49)「185kg

 

ミシュランシティグリップ

)「時速150キロ

64)「280kg

 

ミシュランの方が遥かに性能が高いですね。

 

と言っても誤解の無いように

ダンロップ製K178

KSRの最高性能内性能が有りますので

全く問題有りません。

 

オーバースペックだからと言って

全てが良い訳では無いのです。

 

またこれはあくまで数値上の話で

実際のタイヤの性能は大差無いと思います。

 

例えばダンロップもわざわざ費用をかけて

性能を超える水準の規格テストをクリアする必要は無い訳です。

 

ちなみにダンロップのタイヤは

無数の島からなるインドネシアで作って有りました。

 

そしてミシュランのタイヤは

微笑みの国タイで作って有りました。

タイヤを比べた感想は

まずダンロップ製のタイヤはゴツイです。

 

ビード部分も太くて硬く

ミシュランのタイヤよりもどう見ても太く肉厚です。

 

その為ダンロップのタイヤの方が

明らかに重いです。

 

私の錯覚かと思い重量を図ってみる事にしました。

 

ダンロップ製 K178 タイヤ

3、3キロ

 

ミシュラン製 シティグリップ タイヤ

3、1キロ

 

やはりダンロップ製のタイヤの方が

200グラム)程度重たいです。

 

想像ではミシュラン製の方がゴツくて重い印象が有ったのですが

実際は逆でダンロップ製の方が質実剛健と言った感じでした。

 

またミシュラン製のタイヤ

素材自体が柔らかいという印象が強いです。

 

肝心なタイヤ性能差に関しては

正直大差無いと思います。

 

KSRは元々非力なエンジンなので

タイヤに対する要求水準極めて低く

 

タイヤのグリップ限界点を超えて走る様な

状況はまずありません。

 

またウェット路面に関しても

以外にも純正のダンロップ製のタイヤは雨天にも強く

北海道で台風の中4時間程走りましたが

タイヤが滑る様な事はまずありませんでした。

 

もちろん速度も結構出ていて

土砂降りの状況でさえです。

 

なのでこのクラスのバイクは

タイヤを替えて実感できる程の性能差は無いはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)