KSR フロントフォークのダストシールの劣化に気づく

今日15年選手である

我がKSR110

フロントフォークの状態を見ていると……。

遠目で見ると綺麗なメッキですが

近くで見ると僅かながら点錆が有ります。

たまに気になっていたのですが

メッキ部分なので補修は難しいです。

 

と思ってふと躍動部を見てみると……。

うんっ!?

 

これは……。

 

 

(ノ ̄□ ̄)ノ ガーーン!!

フロントフォークダストシール

完全に終わっている!

 

ここまで酷く劣化していると

もう劣化を通り過ぎて今にも落ちてきそうです。

 

通常この部分はひび割れや亀裂等が有れば

交換する必要性が出てくる部分です。

 

もうひび割れと言うか

ダストシールが割けそうです(笑)

 

 

ちなみにバルカンSは新車で買って

まだ1年と3カ月なので

 

サビもひび割れも有りません。

▼これが正常な状態ですね。

KSRはこの間キャリパーとマスターシリンダーの

オーバーホールを終えたばかりなのに

 

またフロントフォークのオーバーホールという

事態になりそうです。

 

気づいてしまった以上

やらない訳にはいきません……。

 

▼倒立と正立の違いの記事はこちら

正立フォークと倒立フォークの違い

 

ちなみにフロントフォークのオーバーホールは

結構大変です。

 

スタンド等でバイク固定して

キャリパー、タイヤ、フェンダー等を外してから

やっとフロントフォークを外す事になり

 

外したフロントフォークのスナップリングを外して

インナーチューブをばらさなければなりません。

 

 

という事で皆さんのバイクも

たまにはフロントフォークのダストシールを

チェックされる事をお勧めします。

 

 

▼ 関連記事はこちら

ブレーキパッドピンは定期的に要グリスアップ

 

足回り等のゴム製パーツは15年で要交換!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)