日本一周 13 和歌山県クジラの町 太地町編

今日は日本でも最もクジラにゆかりの有る

和歌山県の太地町へ行きます。

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 12 和歌山県の限界集落 木津呂集落編

 

今日はあいにくの雨です。

 

カッパを着て走り始めます。

 

そして少し走って到着しました。

くじらの博物館!

 

結構早い時間に到着しました。

 

まずはくじらの博物館に隣接しているパン屋さんで

朝食を採ります。

 

 

朝食を終えて、早速本丸のクジラ博物館へ行きます。

 

くじらの博物館の入場料は(1500円)です。

 

 

まずはイルカショーをを見ます。

イルカの機動力は、ずば抜けています。

イルカショーを見終わって

クジラ博物館へ行きます。

 

ん! とてつもないものが……。

おーーっ!

これはクジラの実物大骨格です。

間近で見るとクジラのサイズは化け物です。

それもそのはず、クジラ地球で1番体の大きな動物です。

(シロナガスクジラ33.6メートル)

 

くじらの博物館は、クジラの生態等を学べる様に工夫されています。

 

ヒゲクジラは大量のプランクトンを口に含んだ後

その"ヒゲ"で余分な海水だけを排出する為に有るという事です。

それにしても、地球一大きな巨体を誇る動物が、小さなプランクトンを主食にしているって、不思議でなりません。

 

 

そして次は海洋水族館マリナリュウムです。

巨大な水槽の中にトンネル通路を通って、まるでイルカと一緒に水槽に居るように思える作りです。

やっぱりイルカは好奇心旺盛で、愛嬌たっぷりです。

見ているだけで癒されます。

カワイイ……

 

そして外ではイルカとスキンシップ出来ます。

人間とこれだけ対話しようとする、海洋性の動物は

イルカかアシカ位でしょうか。

イルカの知性の高さを感じます。

 

 

 

ハナゴンドウイルカ。

 

 

 

さてイルカに愛嬌にすっかり癒されて

昼食の時間です。

 

隣接しているクジラレストランへ行きます。

さっきまでみていたイルカの同種であるクジラを食べます。

※イルカとクジラは生物学的には同じ種族です。

 

クジラ丼 900円

 

肉の量は想像以上に少ないです。

やはり非常に限られた頭数しか捕れないクジラは

貴重という事でしょう。

 

感想は、率直に美味しいとは感じませんでした。

 

やはり普通にマグロサンマの方が安くて美味しいです。

 

 

次は和歌山県に在る"本州最南端潮岬に行きます。

 

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 14 本州最南端 潮岬編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)