日本一周 60 石川県 能登半島 恐怖の断崖 編

現在は石川県無料キャンプ場

刈安山キャンプ場に来ています。

 

 

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 59 京都府 パラグライダーと交流 編

 

 

ここはかなり、のどかな所です。

海岸線沿いから近くアクセスも悪くない事も有ってか、2組ほどの利用者が居ました。

 

ちなみに余談ですが、これまでの経験上

アクセスが悪い(市街地から遠い、道が悪い)キャンプ場程

利用者が少なく空いています。

 

キャンパーは自宅から近い場所から順番に、キャンプ場を探していくので

必然的に市街地から近いキャンプ場から埋まっていきます。

 

しかも市街地ほど人口が多いので、この法則が累進的になります。

 

一方、郊外ほど人口が少なくキャンパー人口も少ないので

山奥にあるキャンプ場の利用者は、私の様に遠くから来ている旅人だったり登山者が中継地点として利用したりします。

 

 

テントに小さな虫が居ました。

ビニール袋に移して見てみると……

 

これはマダニです。

 

マダニは実は割と何処にでもいる害虫です。

日本全国に分布しています。

 

マダニは人にも吸血するので、要注意です。

 

マダニに刺されると日本紅斑熱、ライム病、ダニ媒介性脳炎、

(SFTS)重症熱性血小板減少症候群

に感染する可能性があります。

 

SFTSはワクチン、治療法が無く非常に危険なウイルスです。

 

ただマダニが全てこれらのウイルスを保有している訳では無く、必ずしもマダニに刺されたからと言って、ウイルスに感染するとは限りません。

 

 

この東屋で朝食を採ります。

 

 

 

朝食を採り終えて、そろそろ出発です。

 

今日はここからライダーにとっては、いつかは走ってみたい

千里浜渚ドライブウェイに行きます。

 

ここからは約100キロです。

 

千里浜渚ドライブウェイは知る人ぞ知る、海岸の砂浜を走る事が出来る場所です。

千葉や茨城にも自動車が海岸の砂浜に乗り入れ出来る場所はありますが

それは駐車場として入れる程度の小さい区間でしかありません。

 

千里浜渚ドライブウェイ砂浜が8キロの最長の公道として、走る事が出来る特別な場所です。

 

出発です。

 

 

しばらく走ってここで昼食休憩です。

 

今日は吉野家です。

 

月見牛とじ御前

 

 

腹ごしらえをして、千里浜渚ドライブウェイへ向かいます。

 

 

それから走る事1時間ほどで到着しました!

 

千里浜渚ドライブウェイ!

 

 

…………!

 

 

 

 

今日は波が高いので通行禁止でした。

 

そうですここは、いつも通れるところではありません。

 

波が高い日は通行止めになります。

 

 

関東から400キロ離れた、石川県の能登半島の手前まで来る事なんてもう無いので、もしかしたらもう一生走る事は無いかもしれません。

 

とりあえず砂浜を歩いてみます。

 

 

思ったよりも砂浜は固く締まっていて、確かにこれなら自動車でも走る事が出来そうです。

 

 

残念ながら今日はビーチを走る事は出来ませんでしたが、気を取り直して

能登半島を一周します。

 

 

ちなみに日本一周をする者として、能登半島を回るかどうかは

とても悩ましいところです。

能登半島を回ると1日かかります

 

もし能登半島パスすると1時間で通過できます。

 

▼ 日本一周の定義とは

日本一周の定義とは

 

 

さて千里浜渚ドライブウェイを走る事は出来ませんでしたが

気を取り直して、能登半島を一周します。

 

 

能登半島に入って早速観光ポイントに来ました。

 

 

 

 

 

夫婦岩。

 

左側の岩は中心に空洞があり、味わい深い形状です

 

次の観光ポイントであるヤセの断崖に行きます。

 

到着しました。

ヤセの断崖へは駐車場から100メートル程離れています。

ここから歩いて行きます。

 

 

海岸沿いでなので、見晴らしが素晴らしいです。

 

フクロウのモニュメントがありました。

【 支え合う 温かい手がすぐ側に 】

 

なんだかぬくもりのある、やさしい言葉が書かれています。

可愛らしいフクロウです。

 

そして断崖付近には……

 

……なるほど……

ここはいわゆる、自〇の名所のようです。

 

 

見晴らしが良く、海を一望出来ます。

 

少し歩いてみます。

 

「ヒョエーー!! 」

私は高所恐怖症なので、目が眩みそうです。

 

 

危ないのですぐに退散します。

 

 

次の観光ポイントである【義経の船隠し】へ行きます。

義経の船隠しへは、ヤセの断崖からそのまま歩いて行けます。

 

 

来ました。

義経の船隠し

 

この岩の間の水路に義経は逃亡の為に

48隻もの船を隠したそうです。

 

能登半島の荒々しい断崖と海を眺めたところで

そろそろ今日の野営場に向かいます。

 

今日の野営場は袖ヶ浜キャンプ場です。

ここから約42キロ

 

 

1時間程走って到着しました。

袖ヶ浜キャンプ場

 

無事にテントを張って就寝します。

 

今日の走行距離は(202キロ)でした。

 

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 61 石川県 能登半島 のどじま水族館 編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)