関西周遊ツーリング 8 愛知 トヨタ博物館偏 2

さて今日はトヨタ博物館に来ています。

 

▼ 前回の記事はこちら

関西周遊ツーリング 7 愛知 トヨタ博物館偏

 

今日はトヨタ博物館を見ていきたいと思います。

 

 

世界で初めて量産車がこれです。

 

ドイツのベンツ社のヴェロ

1894年に発売されて一般人向けに販売された

世界初の自動車という事です。

 

エンジン1000cc

1.5馬力、後に3馬力に改良。

 

何と2段変速機構を持ち

最高速度21キロで走行できたという事です。

 

 

という訳で125年経った今の

市販車レベルで現在と比較してみます。

 

量産車という事で今回比較するのは

カワサキH2です。

※H2Rは公道仕様では無い為、市販車比較という観点で外しています。

1000ccで231馬力(77倍)

最高速度340キロ(16倍)

 

市販車比較でも125年で、これだけ進化したという事でした。

 

それでは他の展示車両を見ていきましょう。

 

ド ディオン ブートン

1898年 フランス

空冷単気筒 240cc

1.74馬力

 

 

初期の自動車は屋根が無いようです。

 

それから屋根が付いて、雨天時も濡れない様になってきました。

 

 

こちらはフォードモデル40

1934年アメリカ製

この頃には既に現在の自動車の、原型が出来ている事が分ります。

 

トヨタ初の量産車が1936年に発売されたので、初期の自動車製造ではいかに日本が遅れていたかがわかります。

 

ちなみに日本初の市販車はトヨタでは無く

1925年に白揚社のオートモ号が市販車としては

日本初となります。

オートモ号 1925年 日本初の市販された自動車

 

 

では引き続き展示車を見ていきます。

 

イスバノ・スイザK6 フランス

 

 

イギリス、ロールスロイス

 

 

ランチア、アストゥーラティーポ233Ⅽ

 

コード フロントドライブモデル812

 

ドラージュタイプD8-120 フランス

 

 

ジープ アメリカ

 

シボレーコルベット 1953年 アメリカ

やはりこういったデザインは

アメリカならではです。

流線型のデザインが強烈な個性を出しています。

内装もオシャレ極まりないです。

 

 

ベンツ 300SLクーペ ドイツ

 

 

こちらは

キャデラック エルドラド ビアリッツ

1959年 アメリカ

 

なんという迫力のあるマスクでしょう。

古き良きアメリカを象徴した様なVIPカーです。

エンジンは

水冷V型8気筒OHV6400cc

馬力は何と345馬力。

こんな自動車を作ってしまう所が

後に世界を支配する大国となったアメリカの

底力を感じさせてくれます。

 

 

▼ 次の記事はこちら

関西周遊ツーリング 9 愛知 トヨタ博物館偏 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)