バイクで日本一周 53 長崎 ゴーストタウン 廃墟島 池島 前編

現在は長崎県長崎に来ています。

 

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 52 長崎 隠れキリシタン探訪の旅 編 5

 

今日はいよいよ知る人ぞ知る

超穴場スポット池島に行きます。

 

 

まずは朝食を採ります。

今日の朝食はレトロなパッケージのコーヒーパンです。

 

 

池島へ行くには神浦港瀬戸港から、フェリーに乗っていきます。

 

から池島までは約6キロと近いです。

 

通常船でも28分程、高速船だと11分位で着いちゃいます。

 

料金も500円前後と格安です。

 

 

という訳でに到着しました。

軍艦島クルーズ常磐ターミナルと違い、ここの駐車場が利用できて助かりました。

 

ここがフェリーの待合室です。

 

 

 

フェリーがやってきました。

 

池島行きフェリー

 

ガラガラです。

 

距離が短いので格安です。

ちなみに今回はバイクを乗せずに、フェリーに乗りました。

池島は小さい島なので歩いて散策します。

 

 

早速見えてきました、池島です。

 

のすぐ近くにマンションが乱立しています。

フェリーが海岸に接岸しました。

 

いよいよ池島へ上陸です。

 

池島

 

 

とても静かな島です。

全く人が見当たりません。

 

 

なにか木の下に置物があります。

 

とても気味悪……個性的な人形群です。

 

ドラえもんドラミちゃんが居ます。

 

ドラえもんの胸のポケット部分には

(がんばれ)というメッセージが味わい深いです。

 

どうやら丸いボール状のものに穴を空けて、顔を作っているようです。

周りに失敗作の様な物も散乱しています。

 

 

私は池島に足を踏み入れて、早速この島の虜になってしまいそうです。

 

 

池島ではとても貴重なお店です。

残念ながら、休日でした。

 

 

さらに進むとなにか動物が居ました。

 

ヤギです。

なぜここでヤギを飼っているのか、不思議な光景です。

 

 

ここから池島徒歩で一周します。

これは……廃工場です。

 

 

いたる所に使われなくなった工場設備が、朽ちてあります。

 

これは……

見た事あります。

軍艦島でもあった石炭を運ぶベルトコンベアーです。

 

 

ここで池島を解説します。

 

池島軍艦島同様、昔は炭鉱で栄えた島でした。

 

2001年11月の閉山するまで、石炭の採掘が行われていました。

つまり、つい20年前までは現役で炭鉱が行われていた訳です。

 

それが現在は国産石炭の需要が無くなって、廃れてしまいました。

 

つまり池島は廃墟に成ってしまった、軍艦島前段階の島とも言えます。

 

なるほどこれは面白い島です。

 

 

それにしても池島は坂道ばかりです。

 

 

道路の茂みに看板が設置してありました。

池島に猪が居る事が驚きですが、それを逃がす奴の気持ちが分かりません。

 

 

さらに歩き進めると、立派な廃工場設備が現れました。

ラスボス感満載です。

 

 

さらに歩を進めます。

 

マンション群が見えてきました。

 

それにしても池島には戸建てが見当たりません。

全て集合住宅が建てられています。

 

遠くから見ると普通のマンションも

 

近くで見ると廃墟でした。

 

それにしても凄い数の廃墟マンション群です

 

壮観な光景です。

 

 

マンションの壁一面に植物が覆ってしまっています。

 

なんか人類が滅びた後の、地球にいる様な気分です。

 

 

こんな面白い場所は初めてです。

日本一周はとてもつもない機会を、私に与えてくれました。

 

 

野良猫が居ました。

やはり飼い猫とは顔つきが違います。

 

 

ここで商店街の様な場所にやってきました。

 

一見すると廃墟の様ですが、一店舗のみ営業している様でした。

 

 

どう見ても池島は完全にゴーストタウンと化していました。

 

 

そろそろ昼食を食べに池島唯一のレストランに行きます。

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 54 長崎 ゴーストタウン 廃墟島 池島 後編

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)