エンジニアブーツ テント泊で最強!

長い梅雨の真っただ中で、テント泊をしてる時に

レッドウィングエンジニアーブーツ

高い防水性には、非常に助けられました。

▼ エンジニアブーツ解説記事

レッドウィング エンジニアブーツ 解説

 

 

そして実際にエンジニアブーツは、雨の日のテント泊でとても威力を発揮します。

 

 

雨の日のテント泊では、出来れはブーツをテント内には入れたくは有りません。

 

しかし外に出しておくとブーツが濡れてしまいます。

 

 

そんな時には、裏技があります。

 

 

エンジニアブーツをテントのすぐ入り口に置きます。

そしてテントのアウターカバーでブーツを覆います。

 

ブーツは、テントアウターカバーの間に在る様な状態です。

 

 

そうすると、ブーツの履き口はアウターカバーに覆われているので、雨水は入りません。

 

そして履き口が露出しているので、靴内の湿気を放出して乾燥させる効果も有ります。

 

これをたんにビニール袋で、ブーツを覆ってしまう方法もありますが、これだとブーツの履き口を完全に覆ってしまうので

ブーツ内の乾燥が出来ません。

 

ブーツは全体に革を使っているので、湿気は大敵です。

 

 

この方法の長所は、夜や朝に雨が止んだ時に

圧倒的にブーツ内部を乾燥させる効果が有るという事です。

 

 

これはエンジニアブーツは靴紐が無く、甲、つま先部分に何の縫い目も無い、とてもシンプルな構造で作られているからこそ

強力な防水性が備わっていると言えます。

 

 

そしてテントを撤収していると、ふと気づいたのが

テントエンジニアブーツは合う

 

このエンジニアブーツワイルドで無骨な存在感

キャンプ場に張ったテントと融合して

何ともアウトドアなイメージです。

 

 

まるで雑誌に載ってそうな1枚になった様な気がします。

 

雑誌のタイトルみたいにしてみました。

 

 

▼ 関連記事

レッドウィング エンジニア レビュー

 

レッドウィング ラインナップ 解説

 

テント設営の方法