レッドウィング エンジニア レビュー

レッドウィングの靴を愛用してる私ですが

エンジニアブーツを購入して1年程が経ちました。

初めて手に取った感想は、とてもゴツイなぁ。

そして重い……という印象でした。

 

 

そんなレッドウィングエンジニアブーツ

レビューをしてみたいと思います。

まずアウトソールですが、思ったよりも高いので

バイクに乗るのには適しています

そして革の作りに関しては

重厚で申し分ありません。

革も極圧です。

 

ソールは、踵部分とつま先部分に大きな段差が有るので

砂利の上でもグリップしてくれます。

 

アウトソールはしっかりと縫い付けられています。

アウトソールが縫合されているので

前回のブーツの様に剥がれてくる事は有りません。

 

▼ セメンテッド方式はアウトソールが経年劣化で、剥がれ来る事が有ります。

 

そんなエンジニアブーツを私が実際に、普段用とやツーリング等で使用してきた感想を、述べたいと思います。

 

 

まず歩行性能ですが、はっきり言って

全然だめです。

 

重くて、固いエンジニアは遠歩きには向かず

紐等での甲の部分の固定機能が無い為に、元々ブーツと足のクリアランスが大きいので

本当に長靴で歩いているのと同じで、歩行は出来ますが

とても疲れます。

 

次に防水性能です。

 

全体を1枚革で覆っているので、防水性は群を抜いて高いです。

また11インチ丈も有るので、水溜まりに入っても履き口から水が浸入する事は無いでしょう。

 

防水性は長靴と同様に最強です。

 

 

次にバイク用途です。

 

エンジニアブーツは靴自体の作りが大きいので

シフトペダルブレーキペダルを、調整する必要が出てくる事が有ります。

私も普段履いているレッドウィングオックスフォードでは

標準のペダル位置で履いていましたが

エンジニアでは操作しづらくなり

シフトペダルと、ブレーキペダル両方共調整しました。

 

シフトペダルの調整方法はこちら

 

フットブレーキペダルの調整方法はこちら

 

具体的に言うと、エンジニアはつま先部分が高いので

シフトアップしようとして、つま先をシフトペダルの下に入れようとする時に、つま先が引っかかってしまい

足を相当意識して曲げないと、入って行きませんでした。

 

 

ブレーキペダル操作の場合は、エンジニアブーツは固いので、足を曲げるのが大変で、ブレーキペダルの位置を上げて

小さな角度でブレーキが踏めるように調整しました。

 

 

この様にエンジニアブーツは非常にクセの有るブーツです。

 

ただ1度調整すれば、後は難なく操作できるので問題ありません。

 

 

またエンジニアブーツは普通の靴に比べて

かかとが高いので、バイクの足付きは良くなります。

恐らくは普通の靴に比べて(1~2センチ)は高いと思います。

 

 

足つきが良くなるという意味では、バイク用途には向いています

 

そして肝心な操作性ですが、良くないです。

 

靴が大きいのと、つま先に鉄板が入っている(スチールトゥ)為に

シフトペダルにつま先が当たっている感覚が弱いので、慣れないとペダルの位置が掴みずらいです。

 

またシフトチェンジ操作では、エンジニアブーツは足を大きく動かさないと、靴が曲がらないので操作効率が悪いです。

 

なので、CBニンジャ等のロードスポーツ車では、クイックな操作を必要とするので向いていません。

 

ロードスポーツ車にはコンパクトで軽く、柔らかいブーツが向いています。

 

 

ただエンジニアブーツでも慣れれば問題無く操作できます。

 

 

また逆にアメリカン等のシーソーペダルや、DCT車、シフト操作の要らないスクーター等のバイクでは

エンジニアブーツは相性が良いです。

 

 

これまで色々な視点でエンジニアブーツを見てきましたが

実はエンジニアブーツの最大の長所

無骨で重厚なイメージを醸し出してくれる

本物しかない存在感かもしれません。

 

 

やっぱりエンジニアブーツ

"ブーツIN"がカッコいいです。

 

 

最後にエンジニアブーツDワイズ(幅細)なので

足が幅広の人にはどうしても、足の横幅で合わせるので足の前後が余ってしまい、まともに履けません。

 

私はオックスフォードも、エンジニアブーツも

踵の後ろに革を貼って、サイズ調整しています。

 

エンジニアブーツは元々の設計が、足入れを考慮してあり

ルーズに出来ているので、緩い状態で履くと歩いた時に相当ぶかぶかの状態になります。

 

なのでサイズ選びは若干タイトな位が良いです。

 

 

レッドウィングの靴は履いていくうちに、靴が足の形に追随して変形していく有機的な特性が有るので

2,3カ月すると驚く程履き心地の良い靴に変化します。

(履いた状態でキツクて痛いのは小さ過ぎです)

 

まだ本格的なブーツを履いた事が無い人は、選択肢の1つにしてはいかがでしょうか。

 

 

▼ エンジニアブーツの詳しい解説はこちら

レッドウィング  エンジニアブーツ 解説

 

▼ 関連記事はこちら

レッドウィング ラインナップ 解説

 

レッドウィング オックスフォード レビュー

 

レッドウィングシリーズ バイク用途ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)