ブレーキパッドピンは定期的に要グリスアップ

さて前回

キャリパーのオーバーホールを実施した訳ですが

 

そこで感じたのは

 

ブレーキパッドピンは事の他

劣化が激しい部品であると言う事です。

▼ブレーキパッドピン

ブレーキパッドを固定する為のパーツ。

またキャリパー構成部品の中でも

ブレーキパッドピン

構造的に耐久性が低いパーツだと言えます。

 

キャリパーの要であるピストン

内側がブレーキフルードで満たされているので

腐食の心配は有りません。

▼ピストンの内側

ただブレーキパッドを押し付けている部分は

完全に外に露出しているので

理屈では腐食するはずですが

表面に防腐処理がなされているので

実際にはほとんど腐食しない事が多いです。

実際に外したピストンを見てみましょう。

やはり外側に露出している部分は若干腐食していますが

許容範囲です。

 

リヤキャリパーピストン

露出している部分だけが腐食が有るのが良く解ります。

 

恐らくパッドピンと比較して劣化が少ないのは

ピストンは防腐処理がされているからでしょう。

メッキ処理の様な表面加工がなされています。

 

 

そしてピストンの次に重要なパーツである

スライドピンダストブーツで保護されていて

その内部はシリコングリスで封入されているので

ダストブーツに異常がない限りは劣化の心配は有りません。

 

ダストブーツ

フロントキャリパースライドピン

 

リアキャリパースライドピン

15年経過しても前後共に全く劣化無しです。

 

そこでブレーキパッドピンです。

▼フロントブレーキパッドピン

 

▼リヤブレーキパッドピン

このパーツだけ再使用不可な位劣化していました。

 

これはブレーキパッドピン

構造的に周りをグリスやゴムで覆う機構が無い事が

相対的にパッドピンの劣化が激しくなってしまうのだと言えます。

 

そしてブレーキパッドピンの役割とは

ブレーキパッドキャリパーに固定する事が1点ですが

 

その他にも

ピストンでブレーキパッドを押し出す際

僅かながらブレーキパッド

ピンを軸にしてスライドする事でディスクローターを

挟みこむ構造になっています。

これで分かる様にブレーキパッドピンとは

ただブレーキパッドを固定しているだけの

ボルトの役割だけでは無く

 

レールガイド‶の役割を持たせている訳です。

 

 

なので使用後のブレーキパッドピン

可動部が摩耗します。

可動部が摩耗しているのが分ります。

 

逆に言うとここが劣化すると

ブレーキパッドの動きが悪くなるという事になります。

 

ピストンがブレーキパッドを押し出す時に

ブレーキパッドピンのスライド抵抗が大きくなり

結果としてブレーキ圧力が低下します。

 

と言っても

実はブレーキパッドのパッドピンが通る穴の内径

パッドピンの外径は元々結構なクリアランスが有るので

多少削れたくらいではそこまで心配は有りません。

 

またいくらパッドピンの腐食が進んで

可動領域が削れても

走行中にパッドピンが折れる様な事はまず無いのですが

 

問題は整備の時にブレーキパッドをばらす際

パッドピンが固着している場合が多いのですが

その時にボルトが痩せていると

レンチで緩めている時に

(ボキッ!)と折れてしまう事は有ります。

 

そういった意味でも

年に1度のパッドピンのグリスアップ

ただ単に腐食を防ぐだけでなく

固着を予防できるという利点も有ります。

 

 

という訳で

ブレーキパッドピンは縁の下の力持ちで

普段特に気にする事も無い部品ですが

それなりに重要な仕事をしている部品の1つという事が出来ます。

 

 

この事から

ブレーキパッドピンは年に1度キャリパーから外して

グリスアップする事をお勧めします。

 

またキャリパーを外したり

ブレーキフルードを交換するのは面倒ですが

 

ブレーキパッドピン

それ単体で外す事が出来る部品なので

実は非常に簡単で外す工具はレンチ一本で事足ります。

 

また車種にもよりますが

最近のキャリパーはパッドピンが1本の物が多いので

本当に簡単に外す事が出来ます。

 

 

なので皆さんのバイクライフの中の

オイル交換やチェーン注油等の整備項目に

パッドピングリスアップを加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

今回はかなりマニアックな記事になってしまったので

オイル交換すら自分でしない様な人にとっては

 

英語の小説を読む様な感じかもしれませんが

良く解らない人には

ブレーキの整備は大事だと

簡単に思ってもらえればと思います。(笑)

 

 

▼ 実際にパッドピンをグリスアップした記事はこちら

バルカンS パッドピンのグリスアップ 1

 

バルカンS パッドピンのグリスアップ 2

 

▼ブレーキパッドピンに塗るグリスはこちら

▼ 関連記事はこちら

バイク ABS ブレーキフルード交換 1 解説編

 

ブレーキフルード 交換の重要性 徹底解説