日本一周 14 本州最南端 潮岬編

さてこれから本州最南端である

和歌山県の【潮岬】へ行きます。

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 13 和歌山県クジラの町 太地町編

 

雨の中を走ります。

日本一周では雨の走行を避ける事は出来ません。

 

雨を楽しむ位の心持が無いと、日本一周は楽しめません。

しばらく海岸線を走ると、なにやら

岩が点々と乱立している、とても珍しい風景が飛び込んできました。

ここは串本町の景観スポットである

橋杭岩でした。

 

ここに本州最南端の道の駅が在ります。

そしてこの橋杭岩群の浜辺を歩く事ができます。

 

 

近くで見ると迫力が凄いです。

 

 

 

 

 

さていよいよ潮岬へ向かいます。

雨の中しばらく走って見えてきました。

潮岬タワー

 

早速入ります。

 

入場料は300円。

 

入場料を払うと、最南端証明書を貰う事ができます。

 

そしてタワーの上までエレベーターで上がります。

 

来ました。

 

そしてこのタワーの一階には

エルトゥールル号の歴史の紹介コーナーが在ります。

 

実は和歌山県串本町"エルトゥールル号遭難事件"

舞台となった場所です。

 

簡単に説明するとトルコの船が、大島海岸で座礁して

そのトルコ人の船員を当時の大島町民が救出しました。

 

これがトルコが親日国である1つの大きな要因でもあります。

(詳しくは次の記事で書きます)

 

さてそれでは海岸の展望スポットへ移動します。

海岸側の展望地は、潮岬タワーの道路の反対側に在ります。

 

 

来ました。

これが本州最南端の地です。

 

 

展望はこんな感じです。

 

 

本州最南端を制覇して

次は九州最南端佐多岬が目標になります。

 

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 15 紀伊大島 エルトゥールル号編