バイク マスターシリンダーオーバーホール 3 取り付け偏

それではフロントマスターシリンダーを

車体に取り付けます。

 

ブレーキスイッチを固定します。

ステーをハンドルバーに固定します。

ブレーキホースを取り付けて

 

ミラーを取り付けます。

ミラー位置を調整してフロントマスターシリンダーの

取付完了です。

 

次にリヤマスターシリンダーを取り付けます。

 

ステーにマスターシリンダーを取り付けて

フットブレーキペダルを用意して

可動部をグリスアップします。

ここは重要な可動部なので必ずグリスを塗布します。

次に

軸も錆びている事が多いので

しっかりと磨いて錆を除去してから

グリスを塗布します。

ブレーキスイッチ機構を取り付けて

スプリングを取り付けます。

スイッチ機構のワイヤーとスプリングは

同じ穴に通って取り付ける形になります。

次にフットペダルに

マスターシリンダーのプッシュロッドを取り付けます。

 

軸の部品をグリスアップします。

割りピンを入れます。

 

 

ちなみに原則割りピンは一度取り外したら

再使用せずに新品を使用する事になっていますが

実際は劣化していなければ再使用しも問題ありません。

(※錆などで腐食している場合は要交換)

 

ピンを穴に通して

ペンチで引っ張って

▼必ずこの形にします。

次に再度可動部にグリスを塗布して

 

取付ボルトを組みます。

本締めして

リヤマスターシリンダーの取り付けが

完了しました。

最後にブレーキフルードを入れて

エア抜きをします。

 

▼エア抜きの詳しい方法はこちら

バイク ブレーキフルード交換 解説 2 リヤブレーキ偏

 

ブレーキフルードは各車指定のフルードを使用しますが

今ではほとんど全て(DOT4)を使用します。

エア抜きセット

ワンウェイバルブ&ホースと容器です。

ホースをブリーダーバルブに取り付けて

ブレーキフルードを入れます。

リザーバータンクが空にならない様に

注意しながらエア抜きをします。

 

フロントのエア抜きが完了しました。

 

次にリヤブレーキのエア抜きをします。

 

フロント同様にブリーダーバルブに

ホースを取り付けて

リザーバータンクにブレーキフルードを

入れます。

これで前後のエア抜きが完了しました。

 

そして全ての作業が完了して

今回の前後マスターシリンダーオーバーホール

の作業が完了しました。

今回前後マスターシリンダーのオーバーホールを実施する

理由にフロントブレーキの甘さという

曖昧な症状が有りました。

 

一度フロントのみマスターシリンダーをばらして

ブレーキフルード交換もしたのですが

ゴムパーツに大きな劣化が見られなかったので

そのまま再使用していました。

 

ところがマスターシリンダーのピストンカップに関しては

亀裂やひび割れ等の目に見えての劣化が無くとも

カップの張力が低下するという事が分りました。

 

そして実際にオーバーホールしてみたところ

ブレーキタッチが明らかに硬くなって

ダイレクト感が新車時の時に戻りました。

 

マスターシリンダーの整備に関しては

通常フルード漏れ等の不具合が発生してから

オーバーホールする事が多いですが

 

フルード漏れを起こさずともピストンカップの劣化による

油圧の低下が起こり

結果的にブレーキ性能が大きく低下するという事が分りました。

 

マスターシリンダーのピストン

▼ピストンカップ

▼スカート部の張力低下

この事から

やはりマスターシリンダーは10年を過ぎたら

走行距離に関わらず

オーバーホールを検討した方が良いと言えます。

 

これが15年を過ぎた場合は

オーバーホール必須と言えます。

 

 

▼関連記事はこちら

KSR キャリパーオーバーホール 取り外し編 1

バイク ブレーキフルード交換 解説 1 フロントブレーキ偏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)