日本一周 68 北海道 泊村から石狩市へ 神威岬 編

さて現在は北海道の西側泊村にある盃野営場に来ています。

 

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 67 北海道 函館から泊村 弁慶岬 編

 

 

そして、ここで問題発生です!

 

昨夜は雨が降っていた訳ですが

テントの底が浸水するようになってしまいました。

 

 

テントの隅に小さな池が出来ています。

 

幸いエアーマットを使用していたので、寝袋は濡れませんでした。

 

やはり3カ月に及ぶ日本一周で、Amazonの5千円の安テントでは

荷が重すぎたようです。

 

今更新しいテントを買う訳にもいかないので、このまま工夫して切り抜けたいと思います。

 

 

気を取り直して、セイコーマートで買った

朝食のおにぎりを食べます。

 

そして出発します。

雨続きという事もあり、肌寒い状況です。

 

 

これから神威岬へ向かいます。

ここから約30キロです。

 

北海道1分=1キロの計算で着くので、30分も有れば着くでしょう。

 

 

という訳で到着しました。

 

神威岬

 

 

いくつか見どころがあるようです。

 

ここは遊歩道が整備されて、岬まで楽しみながら歩いて行けます。

 

写真では伝わりませんが、岬だけあって非常に風が強いです。

帽子が飛ばされそうです。

 

 

なんと、ここは昔は女人禁制だったのだとか、

 

 

カラスもこの強風を楽しんでいるようです。

 

道が面白そうになってきました。

 

この辺りからアップダウンがあって良い運動になります。

 

 

 

中々歩きごたえのある遊歩道です。

 

そろそろ岬の先端に来ました。

灯台が見えてきました。

 

 

到着しました、神威岬

 

これは神威岩です。

まるで彫刻で作ったような形の奇岩です。

 

海も雄大で景色も素敵です。

 

岬にある岩には小銭が散乱しています。

神威岬を堪能した所で、次は積丹岬へ行きます。

 

ここから16キロです。

 

 

少し走って到着しました。

積丹岬の駐車場です。

 

ここに在るレストランで昼食を採ります。

鱗晃

 

せっかくなので豪華に三色丼を注文しました。

 

 

イクラ、マグロ、ウニ北海道の海の幸が凝縮されています。

 

昼食を終えて積丹岬へ行きます。

 

このトンネルから行くようです。

 

 

 

 

 

トンネルを出ると海岸が見えてきました。

 

ここから下まで降りれるようです。

 

来ました積丹岬

 

下に降りました。

 

ここの海は非常に波が静かです。

 

 

この大きな岩は何とも言えない迫力があります。

 

思わず登ってみたくなってしまうのは、登山経験者の性です。

 

積丹岬は穏やかな波で、とても静けさの漂う隠れ家的な感じです。

さて積丹岬の海岸で癒された所で、そろそろ野営場に行くわけですが

今日はその前にレッドバロンでフロントタイヤ交換の、手はずを整えます。

 

 

やってきました。

 

 

 

タイヤの見積もりをしてもらいました。

工賃込みで(24000円

 

しかしタイミングが悪く、タイヤはすぐには入荷しないとの事でした。

かといって3日とか、停滞する訳にもいかず先を急ぎます。

 

まだフロントタイヤのスリップサインは出ていないので、すぐに交換しなくてもいけそうです。

 

 

そして今日の野営場は古潭ビーチです。

 

しばらく走って到着しました。

もう真っ暗です。

 

無事にテントを張って就寝します。

 

今日の走行距離は(170キロ)でした。

明日は稚内を目指します。

 

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 69 北海道 石狩市から稚内へ 編