レビュー リアルマッコイズ バーガススウェット

LEVISLEEAVIREX

根強い人気のアメカジブランドですが

 

その中でも頂点と思われるのが

知る人ぞ知るアメカジファッション界の王

The Real McCoy’s です。

(※実は日本のメーカーです)

 

リアルマッコイズはミリタリージャケットを中心に

アイテムを展開しているブランドです。

 

その特徴は一切の妥協を許さない商品作りです。

 

大戦時のアメリカ製ジャケットに至っては

素材デザインジッパーの金具まで

忠実に当時の物に仕上げたレプリカアイテムを制作しています。

 

私の知る限り本国アメリカですら

リアルマッコイズに勝るミリタリージャケットは作れないでしょう。

オリジナルを作った本家を超えているというのも

何だか変な話ですが。

 

そのリアルマッコイズのアイテムは

品質だけでなく価格も高いです。

 

 

こちらは定番のレザージャケット(A-2

 

( 20万円 )

と高額な為に中々手が出ません……。

 

 

こちらが( B-3 ) 何という風格でしょうか。

 

 

価格も驚きの( 28万円! )

 

 

こちらは希少なペイントモデル

 

価格は何と( 51万円! )

 

 

そんなリアルマッコイズですが

アウタージャケット以外もラインナップしています。

 

 

そんな中で

2016年12月に発売されたスウェットシャツが

これまたカッコよかったので

即買いしてしまいました!

Real MacCoy’s Vargas スウェットシャツ

18000円

価格はしびれましたが

初のマッコイズなので踏ん切りました。

マッコイズのプリントは本当に綺麗です。

スウェットにアメリカンガールが宿っています。

 

アメリカ空軍のパッチが存在感有ります。

 

内側はボアになっています。

 

 

この他に2モデルがラインナップしています。

 

こちらと

 

このデザインです。

 

 

これらのスウェットシャツは

リアルマッコイズが極めてこだわって作られている為に

吊り編み機を使用して大戦時と同様の織り方で作っています。

(ここまでくるともう変態ですね)

 

吊り編み製法はヨーロッパから伝わった編み込み製法で

生地をゆっくりと編み込んでいき

生地の中に程よく空気が入ってふっくらと仕上がるので

味わいの有る柔らかな着心地が有ります。

 

ただ旧式の機械の為に生産効率が悪く

1時間に1メートル程度しか編めません。

 

その為1台で1日に編める生地は

11~12メートル

 

スウェットにしたら8〜9着分です。

 

しかも扱える職人の技術者が少なく

今では非常に希少な製法です。

 

 

そんな特別な一着がバーガススエットシャツです。

 

 

何とこれSサイズの設定が有り

来てみたところ私の体にぴったりでした。

 

人生初のマッコイズを手に入れて

大人の男になった気分です♪

(というかもうとっくに中年ですけど)

 

革ジャンも欲しいところですが

先の目標に取っておきます。

 

80年代ではトヨタのテレビコマーシャルで

いつかはクラウン" なんて言うフレーズが

ありましたが

 

私にとっては "いつかはマッコイズのA-2"です。

 

まあ死ぬ前には1回位は着てみたいものです(笑)

人生1度きりですから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)