日本一周 54 長崎 ゴーストタウン 廃墟島 池島 後編

 

今日は池島に来ています。

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 53 長崎 ゴーストタウン 廃墟島 池島 前編

 

ちなみに今日の気温は35度位はあり

くそ重いエンジニアブーツを履いてきてしまったので、小一時間歩いただけですが、バテてきました。

 

この辺りに池島に1店だけあるレストランが在るはずです。

食料品小売センターが見えてきました。

 

さらに進むと、沢山の猫に餌を与えている人が居ました。

凄い数の猫たちです。

 

この写真の中だけでも20匹います。

 

実は池島野良猫が多い事でも有名な島です。

 

寛いでいる猫たちを見る限り、餌の心配はなさそうです。

 

 

ここが池島唯一のレストランかあちゃんの店です。

 

 

入り口にも猫が寛いでいます。

 

早速レストランに入ります。

 

 

メニュー表が可愛らしいです。

 

それにしてもなんて数のメニューでしょう。

 

焼肉定食を頼みました。

焼肉定食 800円

なんとおかわり無料でした。

 

 

レストランの店主の方とお話をさせてもらい、ここから少し歩いたところに高台が在り、そこから眺めが良いという事を教えてもらいました。

 

 

昼食を終えてこれから高台に行ってきます。

 

調べたところ四方山という低山です。

 

記憶を頼りにルートを作りました。

(※正確なルートか分かりません)

行き方は学校の左側の体育館の脇を通っていきます。

ここからどんどん坂を上っていけば、自然と頂上に行けます。

 

 

この鳥居も超えていきます。

 

細いコンクリート通路を進みます。

 

この辺りから傾斜がきつくなってきます。

 

この辺りに給水塔があります。

その給水塔が目印です。

その給水塔を超えていきます。

 

親切にロープが設置してありました。

 

そしてやっと頂上に到着しました。

 

 

ここから見ると廃マンション群がよく見えます。

 

廃墟が建ち並ぶ池島ならではの

普通の登山では味わえない壮観な光景です。

 

 

向きを変えると日本海の展望が見渡せます。

とても素晴らしい光景です。

 

私はつくづく池島が気に入りました。

 

 

そして帰りに学校を眺めます。

 

ここが池島唯一の学校です。

池島中学校という名称ですが、小学校も兼ねている併校です。

 

とても大きな学校です。

1000人は入れそうな大きさです。

 

ちなみに現在の生徒数は(1人)です

(2021年時点)

 

そうです、ここ池島は限界集落と化しており

人口も112人しかいません。

(2021年7月時点)

 

112人の人口で公立学校に通う生徒が1人しかいないという事は

子育て世代が殆どおらず、非常に高齢化が進んでいるという事です。

 

2019年では129人いた人口が、たったの2年

112人と、17人も減っているという事は、凄い数です。

 

母数が少ないので、大した事が無いように感じますが

2年で13%の人口が消失している訳です。

 

東京で例えると2年180万人が消失しているという計算になります。

 

人口減少率がとても高いので5年後には

100人を切っているでしょう。

 

 

池島の行政は特に復興を目指していないようで

現在賃貸物件もありません。

 

 

30年もすると無人島に成ってしまう可能性もあります。

 

 

そう考えるととても面白い島です。

 

私は日本一周の旅でこんな良い発見が出来た事に

旅に出る意味を強く噛み締めました。

 

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 55 山口県 下関名物瓦そば編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)