富士山ツーリング

今日はグループツーリングで

あの日本の名峰(富士山)に行ってきます。

久々のツーリングなので楽しみです。

 

今日は12台位の参加者が集まりました。

 

行きは埼玉から高速で日の出まで行って

そこから奥多摩のワインディングを走ります。

 

アメリカンのバルカンSでは急カーブは厳しく
調子に乗ってコーナーを攻めていたら
何度かステップを(ガガガッ!)と擦ってしまいました。

 

これだけ大人数だと結構通行人に見られます。

 

道中、小学生低学年のちびっ子達が嬉しそうに

我々を見ていました。

 

都民の森で休憩です。

休憩を終えてまた走ります。

 

今日は天気に恵まれて終始快晴です。

(普段の行いが良いのでしょうか、笑)

 

しばらく走って次の休憩地点

道の駅つるに到着しました。

 

 

これからは高速で御殿場まで行って

行列のできるハンバーグ店(さわやか)まで行きます。

 

さわやかは静岡を席巻している

行列のできるハンバーグ店です。

 

しばらく走ってさわやか御殿場店に到着しました。

駐車場が物凄く込んでいます。

 

定番メニューの

げんこつハンバーグを注文しました。

スープ、ごはん、ドリンクセットで

1160円と安いです。

 

なるほど、どうりで込むわけだ。

 

牛肉100%のハンバーグを口に入れると

肉汁の味がしっかりと感じられて

噂にたがわぬ味です。

表現が古すぎですね。(20代は知らないか)

 

さわやかの貴重なハンバーグを食べて

満足した私は次のプランを考えていました。

 

グループツーリングはここで解散なので

後は各自で好きなコースを走る事になります。

 

まだお昼なのでこのまま帰ると

まだ走り足りない感じがします。

 

そこで富士五湖を巡る事にしました。

 

そこで60代のベテランライダーのダイナ乗りの方と

御一緒する事になりました。

 

その方は余り道には詳しくないとの事でした。

私のバルカンSには幸いナビが付いているので

私が先導する形でツーリング第2幕となりました。

 

ナビを付けていて本当に良かったと思いました。

ちなみに私はもうそんなに若くは無いので

後続車が付いて来られる様に配慮した運転も出来る年齢です。

 

という事で

まずは箱根裏街道を通って山中湖まで走ります。

この箱根裏街道は138号線でずぅーと走ると

富士山を一周できる道路です。

そしてこの道路の醍醐味は……

何といっても富士山を眺められるという事です!

余り富士山に見とれて

脇見しない様に注意してください。

前の車に突っ込んでしまいます。(笑)

 

という訳で山中湖に到着しました。

富士五湖の中でも最大の大きさを持つだけあって

大きい湖です。

 

水陸両用の特別車両が走っています。

 

またアヒルの様な遊覧船が運航しています。

結構インパクトあります!

次に河口湖へ行きます。

 

御一緒してくれた

ハーレーの方にラベンダーアイスクリームを

奢って頂きました。

いや~有難いです。

流石ハーレー乗りの方はバイクも心もデカイ(笑)

 

それにしても人に奢ってもらったのはいつ振りだろうか?

 

恐らくもう何年も奢ってもらった記憶は有りません。

 

考えてみればある程度年齢を重ねるともう

出会う人がみんな年下になってくるんですよね。

 

当然年下に奢ってもらう様な展開にはなりませんからねぇ。

……と、ふとそんな事を考えたりして

この辺りでもう帰るコースを決めます。

 

帰りは若干遠回りですが

走りやすい山梨県の甲府から

雁坂トンネル抜けて秩父経由で帰る事にしました。

 

このコースはワインディングも有り

景色も良いので好きなんです。

道路はすいていてまるでサーキットの様に

貸し切り状態で走れました。

 

最後に秩父の丸亀製麺でうどんを食べました。

 

これもハーレー乗りの方に奢ってもらいました。

食事まで奢ってもらえるなんてもう泣きそうです。

 

ハーレー乗りの大先輩!

ありがとうございました。

 

それにしても同行して頂いたハーレー乗りの方は

60代とは思えない位タフな方でした。

 

どうやらバイクはアンチエイジング効果が有るというのは

間違いないようです。

 

 

という訳で家に帰ってきたら

夜の8時半を回っていました。

 

流石に走りました。

 

全行程で約330キロ位です。

 

あれだけ走って今日は一度もエンストしなかった。

 

少しはバルカンSの運転がうまくなったようです。

 

最後にヘルメットのシールドに張り付いた虫を

綺麗に拭いてから寝ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)