北海道ツーリング 11 最終章

前日の記事はこちら

 

さて北海道のツーリングもいよいよ終わりです

何だか旅が終わってしまうかと思うと寂しいかぎりです。

今日の朝食はセイコーマートで

パンとおにぎりにカフェオレです。

まだ北海道に行った事が無い人は信じられないかもしれませんが

北海道ではトップシェアを誇るコンビニエンスストアです。

 

そんな北海道最強のセイコーマートでも

関東ではまずお目にかかる事はないので

最後にこの鳥の飛んでいる看板を

しっかりと目に焼き付けておきます。

 

「セイコーマートよありがとう!」

 

途中公園によってトンボと触れ合いました。

このトンボは人間に慣れていて

指を上げると止まってくれました。

 

とここで、いよいよ帰りのフェリーに向かいます。

 

帰りは苫小牧港から一気に茨城港まで行く事にしました。

 

流石に私もまた青森から帰るのはしんどいからです。

シーズンの為か結構利用者が居ます。

 

フェリーに揺られる事半日で

茨城県の大洗に到着しました。

埼玉に帰る為の最後の給油をして

3時間ほど走って埼玉に帰還しました。

 

▼これは帰着時のメーターです

▼そしてこれが出発前のメーターです。

総距離は( 3042キロ )となりました。

 

排気量が( 111cc )しかない小さなエンジンで

あの北海道の広大な大地を良く走ってくれました。

そしてナビのお陰で迷う事も無く無事に
旅を終える事が出来ました。

全日程12日間の北海道ツーリングとなりました。

 

もう10年もこのバイクに乗っている訳ですが

今回北海道のツーリングを終えて
このバイクの事が良く解った気がします。

 

このKSRというバイクは小さいながらも

なかなか骨の有るバイクだというのが私の感想です。

 

まだ北海道ツーリングをされていない方は

死ぬ前にライダーの聖地である
北海道にツーリングする事をお勧めします。

 

長い人生のアルバムの大事な1ページになります。

 

また宗谷岬に行った際に近くの稚内市の

レッドバロンでチェーンの給油をしてもらった時に
スタッフの方から

( 最北の証明カード )を頂きました。

その後の台風で印字がかなり消えてしまったのですが

それもまた、良い記念になっています。

 

余談ですが

帰ってきてから気づいたのですが

厳密に言うと私は北海道を一周してない事に気づきました。

 

私は北海道の最西に行って無かったのです。

 

何故企画段階で最西を外したのかは今では覚えていません。

 

まあ終わった事なのでもう良しとします。

 

帰った次の日エアクリーナーを開けてみると

何と水がいっぱい溜まっていました。

 

恐らく根室の台風での長時間の走行の時に

エアーと一緒に水しぶきを吸い込んで

フィルターでせき止めて
溜まっていたのだと思います。

 

この4年後フロントブレーキのマスターシリンダー内も

水が浸入した為かピストンがサビサビになっていました。

 

大雨台風はバイクに大きなダメージを与える事を

実証してしまいました。

 

それでは観覧ありがとうございました。

4 Replies to “北海道ツーリング 11 最終章”

  1. 北海道ツーリング読ませてもらいました。
    私もKSRが気に入っていて2台もあります。がこれでよくもかの北海道をツーリングされたことに感激です。えらい!

    1. お褒め頂きありがとうございます。
      KSR2台持ちとは驚きです。

      KSRで5万キロを突破したいのですが中々難しいですね。

      愛着のあるバイクなのでこれからも大事にしていきたいと思います。

    1. 確かにKSRでは中々距離が伸びませんね。
      KSR、16年で14000キロ。
      バルカンS、3年で8000キロ。
      中型以上は高速を乗れるので結構距離が伸びますね。
      KSRは自分の手足の様に扱えるところが最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)