バイクで日本一周 98 静岡県→埼玉 伊豆半島 石廊崎編 最終回

現在は伊豆半島道の駅に来ています。

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 97 神奈川→静岡県 伊豆半島 秘宝館&トリックアート迷宮館編

 

今日はとても寒いです。

 

それもそのはずもう10月16日です。

 

ちなみに出発したのが7月15日です。

 

日本一周の旅に出てから、もう3カ月が過ぎています

 

コーンポタージュで体を温めます。

 

 

今日は日本一周最終日です。

 

伊豆半島一周するので、伊豆半島最南端石廊崎へ行きます。

 

ここから50キロです。

 

出発します。

 

1時間ちょっと走ってやってきました。

ちょっと早すぎたようです。

 

20分ほど待ってゲートの開場時間が来て、やってきました。

 

そして駐輪場にバイクを停めて、係員の方に駐車料金を支払うために、バイクのツーリングバッグから小銭入れをとろうとした時に

 

事件発生!

 

なんとバイクのサイドスタンドが動いて、バイクが倒れてきました!

 

 

初めは何が起きたのか、さっぱり分かりませんでした。

 

バイクのヘルメットホルダーに掛けてあったヘルメットも、この有様です。

 

駐車料金を払い終えて、なぜバイクが倒れてきたのか考えて

 

原因が分かりました。

 

この駐車場凄く傾斜していました。

バイクは前方に傾くような傾斜だと、ちょっとした力を加えただけでも、倒れてしまう事が分かりました。

 

反対に後方に傾く傾斜だと、サイドスタンドがしっかりと効いて安定します。

 

長年バイクに乗っていますが、気づきませんでした。

 

盲点でした。

 

まさか日本一周最終日バイクを倒して、ヘルメットまで傷つけてしまうとは、いやはや旅は先が読めません。

 

 

 

気を取り直して石廊崎に行きます。

 

南伊豆ジオパークビジターセンター

 

このビジターセンターを通り抜けて、石廊崎まで行きます。

 

ここから歩いて石廊崎の岬へ行きます。

 

 

灯台が見えてきました。

 

 

石廊崎灯台(いろうざき)

 

伊豆半島最南端です。

 

ここからさらに歩いて、まで行きます。

 

 

が見えてきました。

 

ここからの展望は素晴らしいです。

 

伊豆七島の図石碑がありました。

黒い石碑なので書いてある内容が、よく見えませんが

太平洋の大海原が一望できます。

 

岩礁も荒々しくて迫力があります。

 

こちらはパノラマ写真です。

 

さて伊豆半島最南端で、太平洋の水平線を眺めたところで

そろそろ歩を進めます。

 

 

次は伊豆半島西側の黄金崎へ行きます。

ここから49キロです。

 

バイクを小さくしてリュックに入れていく事にします。

 

 

大型バイクも小さくすれば、簡単に持ち運べます。

 

 

やってきました。

黄金崎

 

 

海岸まで行きます。

 

 

今日は波も静かで、すがすがしいです。

 

これが有名な黄金崎の風景です。

海岸沿いの岩がまるで黄金の様な色合いです。

 

 

そして空を見ると、雲が幻想的な雰囲気でした。

 

 

そして次は旅人岬に来ました。

 

 

今日は空がいつになく綺麗です。

考えてみれば、今までのんびりと空を眺めて楽しむ余裕なんか、なかったような気がします。

 

毎日の仕事と、趣味、自分磨き等で、のんびりと空を見る時間なんて、損でしかないという感覚がありました。

 

しかし今考えてみれば、お金の為に貴重な人生の時間を切り売りして、自然の中で空を見上げて、美味しい空気を吸うという方が、よっぽど豊かな事のように思えてきます。

 

そして観光ポイントとしては、ここが最後の立ち寄りです。

 

 

そして帰路に向かうべく北上します。

 

少し走って昼食休憩です。

 

 

旅館 浜の家

 

このお店はラブライブというコミックを推しているようです。

 

 

店内もラブライブ推しが強めです。

 

 

活きアジ、刺身定食

 

これが日本一周最後の食事となります。

 

 

食事を終えて、いよいよゴール地点道の駅富士川に向かいます。

ここから100キロです。

 

 

静岡から北上して山梨へ向かっていると

日本最高峰、富士山が綺麗に出現しました。

 

最後は富士山が、私の旅の終わりを祝福してくれている様でした。

 

 

そして最後の給油です。

 

給油を終えて出発します。

 

 

2時間ほど走ってゴールまで無事に来る事が出来ました。

 

山梨県 道の駅富士川

 

 

この日本一周看板終了の字を入れます。

 

私の日本一周94日目完了しました。

 

思えば日本一周初日7月15日に、ここに来ました。

現在10月16日です。もう3ヶ月が過ぎています。

 

真夏の梅雨の真っただ中に出発して、もうになりました。

 

 

ゴールの感傷に浸りたいところですが、私はここから埼玉まで帰らなければなりません。

 

その距離約130キロ3時間はかかります。

 

気温も下がってきているので、帰路へと出発です。

 

 

そして真っ暗の中、久しぶりに埼玉の家に帰ってきました。

日本一周最終日走行距離はなんと385キロ

 

 

そしてゴール時オドメーターです。

【 22546km 】

 

そしてこれが出発時のオドメーターです。

開始距離 【 8887km 】

 

22546 ー 8887 = 13659

 

総距離は 1万3千659キロとなりました。

 

3ヶ月1万3千キロも走ったので、チェーンもダルダルにたるんでしまい

フロントフォークもへたってきて、赤信号でブレーキして停車する時は、ハンドルが沈み込むようになりました。

 

後でしっかりと整備する必要が有ります。

 

 

そしてもう野営場の心配もありません。

 

思えば最後の最後まであまり息つく暇もなく、駆け抜けて日本一周の旅を終える事が出来ました。

 

3ヶ月も旅をしていると、もう旅が日常になってしまっていて

帰ってきた日は、家で普通にお風呂に入れたり、ガスで料理を作ったり、布団で眠れる事の方が違和感がありました。

 

正直な感想は、バイクのテント泊を主にする日本一周は、結構しんどいです。

 

また初めのプラン作りで、当初は2カ月でのゴールを予定していたので、埼玉から南側を先に回って、最後に東北、北海道を回るルート作りは失敗でした。

予定がずれ込んだとはいえ、9月中旬北海道は寒かったです。

先に東北、北海道を回ってから最後に九州、沖縄を回った方が遥かに良かったと思いました。

 

また旅を終えた今は、毎日の寝床の心配をしなくて済むという安心感と共に、来る日も来る日も初めて見る景色の、刺激的な日常が終わってしまったという虚しさが混じった、なんとも不思議な感覚に襲われました。

 

欲を言えば、もっとのんびりと日本を回れたら、また違った旅になったように思います。

しかし資金や時間等は、普通は誰でも限りがあるので、自分の人生の中で日本一周をやり遂げた事が満足です。

 

また今回日本一周をやってみて驚いたのが以外にも

多くの人が日本一周をしているという事でした。

 

当初は日本一周なんていうのは、変わった人しかやらないので

1年に5人位しかやっていないのかと思っていました。

 

ところがツイッターなどでバイク自転車四輪車、徒歩など、様々な形態で日本一周している人が居る事が分かりました。

 

SNSに公開しないで日本一周している人も居るので、日本一周者の集計は出来ないですが、恐らく年に50~100人位日本一周者が居ると思われます。

つまり私が当初考えていた程、日本一周は特別ではなさそうです。

 

この記事を見ている方は恐らく、日本一周興味がある人だと思います。

殆どの日本人まとまった休暇が取れないので、日本一周はとても難しい事ですが、決して不可能ではないと思います。

 

日本一周では3カ月という時間50万~100万円という資金が必要になってきます。(私は総額32万円で日本一周しました)

 

しかし私が知っている日本一周者の方々は、資金が無くなればその地でリゾートバイトをする等して、資金を稼ぎながら臨機応変に旅をしています。

 

3ヶ月という期間も、とても長く思えますが人生70年で見ると

270分の1にしかすぎません。

70年(840ヶ月) ÷ 270= 3.1ヶ月

 

また日本一周必ずしも1回の旅で、スタートからゴールまでする必要はありません。

東北、北海道、関東、近畿、九州、沖縄とそれぞれ分割して回って日本一周を完結する事も、現実的な日本一周のスタイルと言えます。

詳しくはこちらにまとめました

日本一周の定義とは

 

つまり工夫次第では、誰でも日本一周のチャンスは有ると思います。

 

あとは ‶ 日本一周にどれだけ価値を見出せるか ‶ という所だと思います。

 

 

バイク旅が好きな人なら、まずは北海道一周にチャレンジしてみる事をお勧めします。

その後チャンスが巡ってきたら、日本一周に挑んでみてはいかがでしょうか。

 

▼ 日本一周のデータ

バイクで日本一周 99 結果報告

 

 

▼ 関連記事はこちら

日本一周の定義とルート作り

 

日本一周に適したバイクとは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)