エアが抜けない場合の対処法

ブレーキ整備の重要なのがブレーキフルードの交換です。

大体2~3年で性能が落ちてきます。

 

またバイクの特性上マスターシリンダーが外に露出しているので

防水構造にはなっているものの、マスターシリンダーのピストン周りから水分が混入しやすいので

早めにブレーキフルードを交換した方が、マスターシリンダーのサビの防止になります。

 

実際私のバイクのマスターシリンダーピストンも、錆びて交換した事があります。

錆びてしまったマスターシリンダーピストン

 

ちなみにバイクブレーキフルード交換作業

四輪車と違い1人で交換作業を行えるので簡単です。

▼ ブレーキフルード交換作業の解説はこちら

バイク ブレーキフルード交換 解説 1 フロントブレーキ偏

 

しかしブレーキフルード交換作業なら簡単ですが

マスターシリンダー、ブレーキホース等を交換する作業は結構大変です。

 

何故ならこれらの作業ではブレーキホース空にしてしまうので、最後に

エア抜き作業 ‶が必要になってくるからです。

 

 

私も3回この作業をやりましたが

慣れないと延々とブレーキレバーを握っても

エアが抜けない事があります。

 

結局その日は諦めて翌日、再挑戦して何とか終えました。

 

 

という訳でエア抜きの極意を解説します。

 

 

まずブレーキホースキャリパーマスターシリンダーに繋げたら

ブレーキフルードを入れます。

ブレーキをかけてマスターシリンダー側のバンジョーボルトを緩めて

ブレーキフルードが出てくるまでエア抜きします。

ブレーキフルードが出てきたら一旦バンジョーボルトを締めます

 

次に同様にブレーキをかけてキャリパー側のバンジョーボルトを緩めてエア抜きします。

キャリパー側のバンジョーボルトからブレーキフルードが出てきたら、ホース内にフルードが入ってきた証拠です。

 

あとはこの作業をマスターシリンダー側キャリパー側と何度か繰り返して、キャリパーのバンジョーボルトからフルードが排出されてくればもう成功です。

しかしこれが中々うまいくいかない事があります。

 

 

失敗のパターンは結局キャリパー側からいくらエア抜きをしても、ブレーキホースの中や上方向に溜まったエアー

下からは抜けません

 

 

そんな時はハンドルを逆に切ったりブレーキホースを動かしたりしてブレーキホース内の空気を上まで(マスターシリンダー側)まで持ってきます。

そして根気よくブレーキをかけてマスターシリンダー側のバンジョーボルトを緩めて、何度もブレーキフルードを出してエアーを追い出します。

この作業を繰り返せばレバーが固くなり、エア抜きが完了するはずです。

 

 

つまり結論はエア抜きが出来ない場合

エアーはブレーキホースの上のバンジョーボルトから抜くべし

という事です。

 

結局空気はブレーキフルードよりも軽いので

いくらキャリパー側の空気を抜いても、空気は上に溜まって行って最終的にはマスターシリンダー側に来るのです。

 

 

どうしてもエアーが抜けない場合裏技を使います。

 

 

それは注射器の様なポンプを使って

Yahooショッピングリンク

 

キャリパー側個のバンジョーボルトから

フルードを吸い出したり圧送したりすれば簡単にエア抜きが出来ます。

 

そして最後に

エア抜きが完了したもののブレーキを操作した時に

制動域が以前よりも深くなる事があります。

 

それは何故かというと、エアーが抜けきっていないからです。

 

つまりはエア抜きに失敗しています。

 

エア抜きが不完全だとフルード経路にエアーを経由してしまうので

ブレーキをかけても残った内部のエアーが圧縮される分だけ

マスターシリンダーピストンが稼働するので、ブレーキ操作が深くなります。

 

しかしブレーキをかけるとしっかりと効くので

エア抜きが完了したと勘違いしがちです。

 

その場合の対処法も同じく、殆どの場合

上部のバンジョーボルトを付近にエアーが溜まっている事が多いです。

 

エアーが残っている場合はブレーキをかけて、バンジョーボルトを緩めた時に(ピュッ)という音と共にブレーキフルードが出てきます。

 

ブレーキの利きだけでなく、ブレーキの深さも確認しましょう。

 

 

▼ 関連記事はこちら

バイク ABS ブレーキフルード交換 1 解説編

 

バイク キャリパー オーバーホール 取り外し編 1

 

バイク マスターシリンダー オーバーホール 1 取外し編

 

ブレーキフルード 交換の重要性 徹底解説

 

バイク フットブレーキペダル 高さ調整 解説

 

ブレーキパッドスライドピンは定期的に要グリスアップ

 

ブレーキの進化について考える