日本一周 78 北海道 白老町→函館 ウポポイ編

現在は白老町ポロトの森キャンプ場に来ています。

 

 

▼ 前回の記事はこちら

日本一周 77 北海道 浦河町→白老町 ポロトの森キャンプ場編

 

 

現在9月28日です。

朝、夜の気温は10度前後まで下がってしまいます。

 

寝ていても寒くて、何度も起きてしまう状態です。

という訳で今日で北海道を離れる事にしました。

 

 

という訳で出発します。

これからどうしても行ってみたいレストランに行きます。

 

ここから近いので10分程で着くはずです。

 

 

少し走ってやってきました。

 

 

白老町Mother’s(マザーズ)

 

ここは天然の餌を使用してこだわって飼育した鶏の、卵や肉を味わうことが出来る貴重なレストランです。

 

敷地内に鶏小屋がありました。

 

中には鶏が元気にしています。

美味しそうな鶏たちです。

 

 

早速店内に入っていきます。

 

 

 

地鶏親子丼を注文しました。

 

地鶏親子丼870円

 

ふんわり卵の親子丼に、追い黄身を入れているという豪華さです。

 

確かにこれは格別です。

 

 

ちなみに卵も販売していました。

 

さて昼食を終えてこれからウポポイに行きます。

 

やってきました。

 

ウポポイ 民族共生象徴空間

 

思ったよりもウポポイは広いようです。

 

 

ただのパーテーションかと思ったら

鹿や木々が描かれていました。

 

早速入っていきます。

入場料1200円です。

 

フードコートもありました。

 

 

 

ウポポイは北海道の先住民族、アイヌ民族の文化を伝える施設です。

 

こちらは昔のワラ作りの家です。

 

 

中に入って見学もできます。

 

これまた凄い作りの施設がありました。

 

展示販売のコーナーです。

アイヌ文化の刀のようです。

 

なんと72万円!

しかも刃は飾りで、物は切れない仕様との事です。

 

切れない刀が72万円とは凄い価格設定です。

 

 

こちらはトレイでしょうか。

 

なんと16万円!

 

ダイソーの価格帯で満足している私には、理解不能なプライスです。

 

 

そして外ではアイヌショーがやっていました。

300年前の北海道では、こういった催しが行われていたと思うと

感慨深いものがあります。

 

 

さてウポポイでアイヌ民族の貴重な文化に触れたところで

そろそろ日本一周の歩を進めなくてはなりません。

 

ここから一気に函館港まで走ります。

その距離、約225キロ

 

既に16時なので、到着は夜になってしまいます。

 

本来なら夜は走らない方が良いのですが、今日だけは寒い北海道を抜ける事を優先させます。

 

 

という訳で函館のフェリー乗り場に向けて出発します。

 

夕方の北海道はかなり冷えて寒いです。

 

途中セイコーマートで休憩します。

 

なんと100円のカップ麺です。

 

イートインを使わせてもらいました。

 

冷え切った体も大分温まりました。

 

 

そして夜の北海道を走り続ける事、4時間ほどで到着しました。

 

函館港

 

途中バカでかい鹿が道路に飛び出してきて、危うく人生が終わりそうになりました。

 

幸い私は何度も鹿の飛び出しを経験しているので、夜の道ではかっ飛ばして走りません。

 

皆さんも北海道を走る時は鹿に注意しましょう。

 

今日の走行距離325キロでした。

 

フェリーは明日の朝の便に乗る予定なので、朝までベンチで仮眠します。

明日からは青森から日本海側を南下します。

 

 

▼ 次の記事はこちら

日本一周 79 北海道→青森 最後の青函フェリー編