バイクに時計を取り付ける!

最近のバイクは高性能化が進み

125ccクラスでも

多機能フルデジタルメーターパネルが

積極的に採用されています。

しかし我がKSR110

今年でもう15年選手なので

セル無し、タコメーター無し、燃料計無しと

簡素に言うとスピード計とオドメーターしかない訳です。

そこで時計位は付けたいなと

前々から思っていたのですが

取り付けるとなるとKSRの場合

直流電源を引っ張って来なければならず

やれば難しくは無いですが面倒です。

 

という事で今回はシンプルに取り付けます。

 

10秒で時計を装着しました。

これ、昔使ってた普通の腕時計です。

 

まだ私が十代の頃に近所の時計屋で購入したものです。

 

それを普通にバイクのハンドルバーに

付けただけです。

 

防水で電池も5年持つので

バイクに一応使う事が出来ます。

 

ただバイクの振動にどれだけ耐久性が有るのかは

未知数ですのでこれから様子を見てみます。

 

という事でカスタム費用0円の

お手軽カスタムでした。

 

 

実はこのアイディアは公園で会った

年配のハーレー乗りの方がやっていたのを見て

 

真似してみました。

 

ちなみにハンドルバーに時計を巻き付ける際に

 

ハンドルバーの外径が小さくて緩い場合は

ホームセンターで切り売りのゴムを

20センチ位買ってきて

そのゴムを巻き付けてその上から時計を

巻き付ければしっかりと固定できます。

 

 

バイクに時計を取り付ける 後編

 

▼こちらがお勧め バックライト付き

 

▼こちらはアナログ併用タイプ バックライト付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)