テント設営の方法

今日はキャンプツーリングで行う

テント設営 ‶ を解説します。

 

 

キャンプツーリングのメリットは何と言っても

宿泊費用を抑える事が出来る点です。

 

私も日本一周を計画するまでは、テントを買った事が無くて

ツーリングの際に大きな荷物になるテントを

わざわざ持っていくメリットが解りませんでした。

 

しかしテントの強みは何と言っても

0円で宿泊できる事です。

 

そう聞くと勝手にテントを設置できる場所が無い

と思いがちですが

実は無料のキャンプ場というものが各地に在ります。

 

 

という訳で早速テントの設営方法

を解説します。

 

まず ‶ インナーテント ‶ を広げます。

 

インナーテントは四隅を広げます。

 

次に四隅に ‶ ペグ ‶ (テントを地面に固定する物)を打ち込みます。

※ペグを打たないでもテント設営可能ですが

その場合は、風でテントが飛んで行ってしまう事も有るので

原則はペグを打ちます。

 

ペグを打ち込み前に必ず

四隅をピンと外側に張った状態で、ペグを打ち込みます。

 

ペグを打つのにはペグハンマーを使います。


ペグはインナーテントのリングが外れない様に

地面深くまで目一杯打ち込みます。

ペグが地面深く入って

インナーテントを地面に固定する事が出来ました。

この様にインナーテントが

四隅にピンと張った状態になればベストです。

次にポールを連結します。

ポールは先端を差し込めば連結します。

ポールを連結して細長い1つのポールにしたら

 

次にそのポールをインナーテントの通し穴に通します。

差し込みます。

 

ポールは通し穴を貫通して

インナーテントの隅の金具に差し込みます。

ポールの先の穴を

インナーテントのピンに差し込みます。

次にポールをグイッと曲げて、テントが立つ様にして

ポールの反対側の先を、先程と同様に

テントの反対側の隅のピンに差し込みます。

 

ポールの先の穴に

インナーテントのピンの先を差し込みます。

 

それをもう1本のポールも同様に

インナーテントに施しせば

あら不思議。

テントの完成です。

 

 

初めてのテントを設営する時は

ポールを曲げる力加減が分らず、困惑します。

 

私もポールがこれほど曲がるとは思えず、これ以上ポールを曲げたらポールが折れてしまうと思い

中々テントが立てる事が出来ませんでした。

 

 

しかしポール想像以上に曲がるので

思い切ってグイッとまげてしまっても問題ありません。

 

最後にテントに防水用の

フライシート(アウターテント)を掛ければ完成です。

 

 

テントの内側の真ん中には

ランタン用のフックが付いています。

この様にしてランタンを掛ければ

自分の部屋と化して読書も出来ます。

 

実際にランタンをテントで使用すると

写真のランタンだと横に灯りが灯るの下が暗くなります。

 

なので下に灯りを灯すタイプのランタンがお勧めです。

 

 

またテント泊の際は寝袋だけで無く

マットが有ると快適に眠る事が出来ます。

 

テントの下はすぐ地面なので凸凹になっています。

また冬季は地面から寒さが伝わってくるので、マットが無いと

寒くて眠れない事も有ります。

 

 

また秋以降のテント泊では寝袋が必須になるので

必ず用意しましょう。

 

 

またテント泊ではLEDランタン、スマホ等の充電用に

モバイルバッテリーが大活躍するので

2つ位有ると、とても便利です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)