KSRの積載性に驚く

我がKSR110

ツーリング仕様というか買い物仕様になっていて

こんな小さい車体に

50L)の大型リヤボックスが付いています。

このリヤボックスはキジマ製で

大容量である事も良いですが何よりも

デザインがカッコいいので気に入っています。

 

純正のキャリアは肉薄で華奢なうえに

ボルト四本を横に固定する方式なので

荷重を受ける部品がボルトになっています。

その為最大荷重設定1キロと低く

これだけ大きなリヤボックスを付けると恐らく

キャリアが壊れてしまいます。

 

私が付けているのは社外のキャリアで

フレームにボルトで上からキャリアを固定しているので

荷重に対してはキャリアとその下のフレームで受けているので荷重に対する強度が高いです。

ライディングスポット社製キャリア

▼リアキャリアの記事はこちら

KSRリアキャリア取り付け

 

今日KSRで買い物に行きました。

 

買い物途中でバイク出来た事を忘れて

つい買い過ぎてしまい

駐車場に戻って

(これ全部積めるかなぁ)と心配になりながら

リヤボックスに入れてみました。

 

しかも自分のバッグ2つも既に入っているので

買い物したものと合わせると

総重量は7キロ位になるんじゃないでしょうか。

 

そして無事に家に着いて

一応総重量を図ってみました。

 

まずはこのバッグ

そしてこのバッグ

それに牛乳やらうどんやらの買い物。

全てを体重計に乗せて計ってみます。

さて何キロかな……

うん?

なんと(9.3キロ)!?

 

リヤボックスの重量を入れれば

約10キロ

 

何という高い積載性でしょう。

 

ちなみに調べたら

このリヤボックスの積載重量は(3キロ)でした。

その3倍もの重量に耐えるとは

キジマ製のボックスは中々高性能です。

 

これだけ積載性も有って

実燃費が(43キロ前後

車検も無く自動車税も(2400円)と安い。

 

とてつもない実用性です。

 

いや~やっぱりKSRは手放せないなぁ~。

 

と思った今日一日です。

 

▼装着しているのはこれです。

▼こちらは新型のストップランプ付き

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)