NGKの新型スパークプラグMotoDXが発売!

ガソリンエンジンで極めて重要な部品と言えば

燃焼室内の混合気に着火して、燃焼のきっかけを作る

スパークプラグ"です。

長年の間ガソリンエンジンの基幹部品として

使用されてきたので、高性能化が進んできました。

 

標準プラグから、高い耐久性を誇る白金プラグ

効率的な燃焼を実現したイリジウムプラグ

 

そしてスパークプラグシェア世界一位をの

日本特殊陶業二輪車用にさらに高性能化を実現した

MotoDXプラグを発売しました。

 

このMotoDXプラグは

何と言っても二輪専用に特化して開発したというから

燃焼回数が多い二輪車の特徴を踏まえて、耐久性が従来のプラグに比べて大きく進化しています。

 

新素材採用のD-Shape外側電極と

ルテニウム配合の中心電極の組み合わせで

加速性能、燃費性能、そして何と2倍の長寿命を実現しました!

 

 

まずは加速性能の向上

30~80キロ迄の加速(0.2秒アップ)

(※一般プラグ比)

 

アイドリング燃費の向上(2.3%アップ)

(※一般プラグ比、イリジウムプラグ比は0.3%アップ)

 

そして何と耐久性が2倍に引き上げられたというから

これは非常に大きな進化を実現したと言えます。

 

従来の標準プラグ、イリジウムプラグの耐久性

3000~5000キロ)から

8000~10000キロ)まで向上しました。

 

 

テスト車両が

250ccの2気筒DOHCエンジンである事から

単気筒のロングストロークエンジンよりは

マルチの2気筒~4気筒の高回転エンジンの方が

性能が上がるようです。

 

MotoDXプラグは既に発売が開始されていますが

今のところ利用できる車種は限られています。

 

6月からラインナップが増えるので

利用車種が拡大されます。

 

調べたところ以下の車種が対応車種です。

PCX125、GSX-S125、アドレス125

ニンジャ250、MT250、MT03

VTR、フォルツァ、Vストローム

CB400SF

等々売れ筋の車両へのラインナップが発表されています。

 

残念ながら我がKSR110,バルカンSには対応していませんでした。

 

 

プラグを交換するだけで

性能を簡単に引き上げる事が出来るので

該当車種に乗っている方には朗報と言えます。

 

 

また性能が上がるだけでなく

ロングライフ化整備費用を抑える事も出来るので

割高なMotoDXプラグの価格差も、交換サイクルを伸ばす事が出来るので、結果的には財布に優しいという

高性能化に加えて整備費用を削減という

2重の恩恵を受ける事が出来ます。

 

 

CR7EDXーS

 

 

LMAR8ADXー9S


CR9EDX-S

 

適用車種検索 NGKサイトリンク

 

購入の際は必ず車種の品番を確認してください。

※また同じ品番でも

(ストックNo)ターミナル形状が異なりますので、

品番と、ストックナンバーの、両方を確認して購入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)