今のシールチェーンは初期伸びしない?

バルカンSを購入して早2年半が経ちました。

 

最近気づいたのですが

購入以来まだ1度もチェーン調整していません。

 

そして距離を見てみると

 

5500キロ

 

以前1000キロ時と2000キロ時に、チェーンの張りを確認した時に、まだ規定値以内だったので

それ以来チェーンの張りを確認する事をすっかり忘れていたのです。

 

これは、いかん……。

 

確か新しいドライブチェーン初期伸びするはずです。

 

「初期伸び」とは

新しいチェーンは、ピンとブシュ間の当たりが出ていないので、接触面積が小さく

単位面積あたりの圧力が高いので、接触部分が早く摩耗します。

しかしその後はピンとブシュの接触面が、増えて広くなるので、単位面積あたりの圧力が減って、圧力が分散されるので

摩耗速度は遅くなります。

 

 

という訳で早速チェーンの張りを確認してみます。

バルカンSチェーンたるみの規定値

10~20ミリ)です。

 

クルーザーだからか、チェーンの遊びが少ない設定です。

 

 

新車から1度もチェーンを調整せず

5500キロとは流石にやばいかなと

思いながら見てみると

予想していたよりも、チェーンは伸びていません。

 

計ってみます。

チェーンたるみ量は(38ミリ)でした。

 

規定値の上限が20ミリなので

 

その伸び率は規定値より僅か

18ミリオーバーに留まっていました。

 

 

このシールチェーン優秀です。

 

 

新車時から1度もチェーン調整していなくて

5000キロ走って、高々18ミリ程度しか伸びていないのには驚きました。

 

(EK520MVZL3)

江沼チェーン製でした。

 

 

KSR110なんかは、新車時はノンシールチェーンが装着されているので

500キロも走ると、もうけっこう伸びてました。

 

シールチェーンでさえ1200キロ走行で

15ミリも伸びてました。

 

流石シールチェーンです。

 

私の想像よりも現在のシールチェーンは高性能

いわゆる初期伸びも無いようです。

(※5000キロで初期伸びとは言えないので)

 

江沼チェーン製作所初期伸びを抑える為に、チェーン制作時に予め張力を加えて

接触面の歪みを除去しています。

 

江沼チェーン製作所初期伸び対策を謳っている通り

初期伸びはしないという事を実証した形になりました。

 

420サイズシールチェーンは、江沼製シールチェーンでも初期伸びしました。

 

恐らくラインナップによって

初期伸び防止の処理の有無が有るのでしょう。

 

 

▼ 関連記事はこちら

実はシールチェーンはほぼノーメンテで良い

 

チェーン調整 解説 大型バイク偏 1

 

チェーン調整 解説 ミニバイク偏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)